病気は簡単には治りません。

ランドローバー乗りが一度ハマると抜け出せないクルマ、それがクラシックレンジローバーである。手放しても必ず乗りたくなるクルマなのだ。だったら手放す事無く乗り続ければと考える。しかし状況的に手放してしまう人もいるのだ。特に仕上げる事が大好きなタイプが繰り返す。ココまで仕上げたのだからと思ってしまうが、彼らは仕上げる事が喜びなのだ。完成すると何かが足り無くなる。まっ気持ちは解ります私も似たタイプなので。そんなクラシックレンジローバー大好き人間がまた動きだしたのだ。

立場上ランドローバー現行車やジャガー現行車を乗るのが仕事のALCの宮沢君。もともとクラシック好きは知っていた。最近はファミリーカーも含め新車系を所有。しかし連れて行かれた場所にクラシックが。内装を全てリフレッシュ中。あらら病気が発病したのですね。いいのですよ好きなクルマは好きなんだから。仕上がったら誌面で紹介するとしますかね。乗り続けるランドローバーに拍手を贈ります。1993年式はすでに20年経ちましたから。