矢口家英国滞在記1。

ランドローバーオーナーで英国大好き人間の矢口君が英国に帰省している。矢口家は奥様が超英国好きで有名。お気に入りのミュージシャンが居るようで追っかけを英国内で毎年行っている。定期的に英国の空気を体内に入れないと体調が崩れるようだ。そんな矢口君から滞在期間の画像を送るようお願いした。何度送られてくるかは解らないが矢口家英国滞在記を紹介致します。

最初に送られてきた画像が全て自分の顔入れだったのでダメだしを。やっと満足できる画像が届いた。ロンドンブリッジ駅前のパラマーケットである。ロンドンの食の市場である。

賑わっております。さすが観光地ロンドンです。娘が今週パリから帰って来ましたが暖かくて天気が良いようです。ロンドンに寄れと言ったのに・・・。私も息苦しくなってきたイギリスの空気が吸いたい。

イギリスは食べるものが無いなんていいますが嘘です。食材も調理も美味しいものが沢山あります。要は美味しいものが有る場所を知らないだけなのです。

なかなか良いレポート初日でした。確か現地に4日位しか滞在しないので何度画像が送られてくるか解りませんが。彼らのメインは追っかけですから。でも今のロンドンが伝わりました。さすが英国バカは目の付けどころが間違い有りません。

中頓別+浜頓別コンビも元気そうです。

北海道の中頓別+浜頓別コンビからメールが届いた。中頓別が遅沢君でクラシックレンジローバー乗り。浜頓別が坂下さんでセカンドレンジローバー乗り。遅沢君のレンジローバーのフロントスカートが破損しているので中古と交換。でもまた雪で破損する可能性が有るのでスカートを取り外す事になったようだ。

彼らの作業現場は道路である。まっ交通量が極端に少ないのでしょうね。それにしても画像からも寒さが伝わってきます。空気感が寒そう。お二人さん道路では作業しないようにね。因にスカートを留めてあるボルトは折れたとか。私はスカートが無いほうが好きですけどね。このように近くに専門工場が無いランドローバー乗りは自分で出来る事は自分で作業を行います。この後彼らはお決まりのジンギスカンを食べたようです。遅沢君重ステはどうなったのかな?

北海道らしい写真なので掲載します。後方で回っているの解りますか。洗濯物では有りません。トバって言って鮭を乾燥させているのです。坂下さんはトバ作り名人なのです。さあ皆さん地図で中頓別と浜頓別の場所を確認しましょう。

つまらないブログが続きます。

室蘭の斉藤号は130を買うショップで下取り車として買取が決まった。遠い北海道なので下見も試乗も間々ならない。登録・納車はぜひ取材をと考えているが次に伊達入りは11月20日頃の予定。まだまだ先であるが斉藤氏は納車まで頭が130でパンパンになる事であろう。まずは報告致します。さて問題は私が次に乗るランドローバーである。後遺症の関係で右の手足は痺れと冷えで辛い日々。ミニの運転ポジションが辛く運転も出来ない状態。この症状を考えると定期的にクルマの運転は望めない。ポイントの取材だけの運転となると予想する。だとすると燃費は関係無い。月に運転しても1000kmは運転はしないだろう。北海道にクルマで行く事も考えられない。リハビリで歩くことを積極的に取り組まないと身体が改善されない。そう考えるとハイオクのランドローバーを選ぶ理由が賢明なのかもしれない。何故って軽油ランドローバーは高価だし旧車ディスカバリーの登録は東京は無理。たまに乗るからランドローバー愛も以前より高まると考える。なんて考えながら色々悩んでいる日々なのだ。

このエンジンも大好きだし。

このエンジンも大好きだし。11月1日ジョンブル長野には乗っていこうと決めている。さて何になるかお楽しみに。いずれにしてもランドローバーに乗ります。

北のかおりハッカ油とは。

北海道から愛犬を連れて来た。今の私は生き物は無理なのでコレで我慢だ。

何とも憎たらしい顔つきである。でも可愛い愛犬なのだ。東京に戻る日に室蘭の斉藤氏から頂いた物がある。蚊に弱い私を考えてのプレゼントであった。

北のかおりハッカ油であった。製造者は北見ハッカ通商。外気温も下がり蚊も少なくなっているのであろうが油断禁物である。ジョンブル長野も控えているし。説明書を読むと色々と利用価値がありそうだ。試してみたいのがランタン燃料に混入。ちょっと調べるとするかな。

馴染みの客になるのは大変です。

お馴染みさんになるには年月が必要となる。私の大好きな魚屋さんには20年近く通っている。今は住まいが離れているが、電車か歩くかでたまに行く。それほど価格と新鮮さが納得できるからだ。北海道帰りの私だが正直北海道の刺身より美味しいかもと思ってしまう。場所は何度か紹介している大岡山の商店街に有る魚屋さんである。その魚屋さんでオバちゃんに背中を押される事が有る。合図は有るよコレが。この合図を頂けるには長年の消費量と年月が必要となる。月に一度合図を頂ければラッキーなのだ。その刺身とはコレで有る。

とろぶつ500円。一日に2個作れるか。そんな貴重なとろぶつで有る。この商品は棚には並ばない。繁盛店なので相当数のお客が来店する。オバちゃんが手持ちして合図するお客を選ぶ。お馴染みさんしか合図しないのだ。そう私は選ばれた客なのである。だから私は個人商店が大好き。特に商店街に魅力を感じる。全国各地に有るスーパーは便利であるが私は魅力を感じない。そして魚屋のついでに寄る店が有る。肉屋で有るが肉は買わない。目的はこれだけ。添加剤が入って無いので日持ちしない。買ったその日に食べる。色々食べたが木村家のお袋の味より美味しい。

そうですボテトサラダなんです。絶品なんですコレが。とろぶつ+ポテトサラダでウイスキーを飲み至極の時間を楽しみます。バラバラの組み合わせと思っているでしょ貴方。でも私には最高の組み合わせなんです。