新ステッカー届いたが・・・。

やっと年間購読用新ステッカーが届いた。がしかし2枚一組で頼んだのが5枚一組で。ということは切らなければならない。老眼の私には面倒な作業となる。面倒だからいって5枚一組を新規年間購読者に送ったら、すぐに在庫が無くなってしまう。何で言った通りに出来ないのか。頭が痛くなる。それでなくても首の筋が痛くて調子が今ひとつ。まっ諦めるしかない。という事で新規年間購読者の方々への事務手続きスタートいたします。日焼け防止も行い色替えもしたステッカー。よろしければお車とか作業箱等にでもお貼りくださいませ。写真より黄色は奇麗ですよ。

ランドローバーの整備には経験と技術が求められる。

西丹沢キャンプの帰り久しぶりに小田原へ。7月に離れてから約半年ぶりである。距離があるのでなかなか立ち寄れなかった。皆さん居るかと思ったらこの日は平島さんただ一人。忙しそうに動き回っていた。

私がお世話になっていたころよりミニが多くなっていた。修理中やら販売車輌も数多く展示されている。ミニに乗ってないな。30年以上乗り続けたクルマ。思いは深いのである。運転して楽しいクルマはミニと言い切れる。ランドローバーは何度も言っているがオーナーが面白い。写真を見るとセカンド君の前に有るのは同色のグリーンのミニ。運命を感じてしまう。ミニを運転したいと叫びたくなる私であった。

平島さんには次号の特集でどうしても聞きたい事があった。含蓄ある言葉を頂き安心した私である。彼は間違い無くランドローバーメカニックであった。彼にクルマを触ってもらえるオーナーは幸せである。当たり前のように整備する彼の技術、しかしそれは彼の経験と蓄積によって今が有るのだ。彼には爺さんになっても、現役メカニックを続けて欲しいと願っている。

冬場のキャンプも楽しい。

林道取材が終わり西丹沢のキャンプ場へ。丹沢のキャンプ場は数回利用したことが有るが西丹沢は初めて。津山君が普段使っているキャンプ場でもある。夏場は利用者が多いようだが冬場はさすがに少ない。広さに驚く私。コテージも多く家族利用者が。風呂も有りなかなか居心地も悪くない。とにかく大井松田インターから30分という近場が売りか。

面白い場所が有るというので撮影を。とにかく敷地が広い。津山君はこの奥の通常サイトで無い場所でキャンプをするとか。勿論トイレも水場も無い。世間から離れ妄想の時間が必要と彼は言う。

冬場のキャンプスタイル。先日の早川キャンプの焚き火で、パタゴニアの初期ものが穴だらけ。全て私の責任です。不注意で穴が・・・・涙。アドベンチャーのツナギと、10年前に3000円で手に入れた穴だらけのジャケット。このスタイルだと飛び火で穴があいても気にならない。さあこれで21日のジョンブル長野も問題無し。この日の西丹沢はそれほど寒くはなかったな。

翌日朝の朝食は、正しい旅館の朝飯がコンセプト。白飯・みそ汁・納豆・焼き魚等々。美味しかった。こんな事をしている冬場のキャンプも楽しいのであります。さあ貴方も今月21日土曜日ジョンブル長野に参加しましょう。参加表明お待ちしております。これでセカンドの室内から薪が消えました。良かった良かった。

林道取材最終編。

林道取材で困るのは絵が同じになりがち。日本全国林道は同じような景色なのだ。でもこの先にどんな景色が有るのか、そんな事を考えながら走るとワクワクするのだ。

今回はキャンプなので私もクルマで。絵を撮ると4台での林道撮影はキビシイ。なのでキマリの絵は3台がバランスよく収まる。

途中リアゲートを開けお茶にする。レンジローバーはこのために買うのかもと考えてしまうお決まりの絵である。でも実際に使えるのだ。お試しあれ。

絵の変化には高い場所からの撮影が必要。ルーフからの撮影は非常に便利。今回は津山号がフル活躍。便利である。通常は荷物を置く場所であるが、私には撮影の場所となる。いつも津山号を借りる訳にもいかない。やはり私のセカンド君にもルーフラックが必要と判断。

私は彼らにとってモデルと化した。撮りまくりである。寝そべって撮っている私の尻を撮っている彼ら。もう何も言えません。

私の仕事場も彼らに明け渡しである。こんな事をしていればなかなか前進できない林道なのだ。途中何台かバイクが通過。軽トラおじさんが枯れ葉集めしてました。別世界の林道はタイムスリップしております。

クルマに優しい我々はブッシュ等はマチェットで処理いたします。これはヤラセ写真。実際はロケハン時に津山君が頑張ったという報告しておきます。無事に終えた林道走行。違うルートも走ろうと行ってみるとゲートが閉まっている。本当に林道はゲートだらけ。面倒な時代になってしまいました。何処まで続けられるか解らない林道取材。でも走れる場所を求めて頑張ります。情報お待ちしておりますのでヨロシクです。

林道取材1。

この週末は箱根で林道取材、そして西丹沢でキャンプでありました。林道取材は天気に恵まれポカポカ陽気。とても12月とは思えません。車種別林道取材を目指しているので、行けるところまで車種別頑張ります。今回はセカンドレンジローバー。まずは待ち合わせ場所に集合です。

今回のメンバーは小崎さん松井さん津山さん。そして私の4台で走ります。事前にロケハンも終えているので頭の中には夜の林道がイメージ?できてます。

さあ出発となったらこんな感じ。どうしたのと聞くと「水漏れ」。水漏れはヤバイでしょ。松井さんはセカンドからセカンドに変えたばかり。遠く京都から駆け付けてくれました。ありがとう松井さん。

今回の林道は白銀線。約8キロの土道があります。箱根湯本からちょっと入った場所。申し訳ありません。昼抜きでさっき帰ったばかり。お腹が空いて限界です。続きは明日ということでお許しを。