適正価格とは。

最近中古ディフェンダー価格が高騰している。というか適正価格から離れている。売れるクルマには業者が飛びつき販売をする。売るのも自由だし買うのも自由。このままだと新車と中古の価格差が余り無くってしまうと心配してしまう。新車なら大きなトラブルは少ないが、中古車は簡単には済まされない。整備無しか整備有りか。とんでも無い違いが生じる。当社は完全整備で納車いたします。と言ってくれるクルマ屋さん、まずはクルマ屋さんの展示されているクルマの確認を。数多くのランドローバーを取り扱っていれば信用も出来るが、1〜2台のランドローバー販売では専門知識は乏しい。どうせ買うなら専門店で買って欲しい。


ランドローバーの付き合いは買った後からがスタート。国産車では無いのです。正しい英国車だと理解してください。正しい整備を行わないと正しい動きはしてくれません。開業数年の専門店でもなかなか手に負えないランドローバー。豊富な知識と経験が必要なクルマなんですよ。初めてのランドローバーなら、何が正しい動きか理解に苦しみます。こんなもんですと言われたらこんなもんかと思ってしまう。実はこんなもんなんて大間違い。正しい整備をすればクルマは正しく走ってくれるのです。何処のショップは駄目で何処のショップは良いとは私は書けない。でも自社工場を持ち長年ランドローバーを取り扱っていれば恥ずかしい仕事はしないはず。どうかディフェンダー中古車に限らず、ランドローバー中古車購入を考えている貴方、間違えない中古車選びをお願いいたします。同じお金を払うなら整備済みが欲しいでしょ。何を買っていいのか解らなくなったら聞いてください。貴方のお住まいの近くの専門店を紹介いたします。整備だけでもいいですよショップは言うが、出来ればクルマを購入して欲しいのが本音。売った以上は責任が発生するから気合いの整備をしてくれます。ショップだって長いお付き合いがしたいのです。私はオヤジですから買いと整備は別だなんて考えられません。これからの整備も含めて長い付き合いをしたいでしょクルマ屋さんと。買う側ももっと上手な選択をして欲しい。良心的な専門店なら貴方が遠方の場合、整備はココでお願いしますと他店を紹介してくれますよ。中古車は金額だけでの判断だけではちょっとマズイ。整備内容が伴って適正価格になるのです。

木元さんの写真集。

LRL011号でアイスランド紀行を書いて頂いた木元さんから写真集が届いた。今回のアイスランド紀行を一冊に。定価が無いので個人出版であろうか。本誌の紙が日本ではあまり使用しない手触りが。個人的には好きな手触りである。写真の仕上がりも素晴らしく趣味を超えている。アーティスト木元氏の感性が伝わる一冊である。誌面で紹介しきれないアイスランドの魅力満載の写真集であった。

手元には一冊しかない。木元さんに購入可能が聞いてみます。改めての連絡お待ちください。早川キャンプに持ち込みますので、興味の有る方はご覧ください。

買える人は買いなさい。

胃腸が腫れた感じがまだ残る私。昨夜も食べずに寝てしまった。なかなかネタ集めが出来ない状態である。聞くところによるとディフェンダーファイナルに向けての動きが始まったようだ。それはモデルによっての製造ファイナル。これは納得するしか無い。売れ数の少ないモデルからのラインストップは常識である。まずは90トラックだそうだ。年内でのストップだとか。まっ普通に考えて大量に売れるとは考えにくい。しかし以前も書いたようにディフェンダーのスポーツカーと私は考えている。軽さと大きさと座席数、まさにスポーツカーである。UK版軽トラとも言える。ディフェンダーの象徴は130と90トラック。この2台持ちこそ究極の選択だと私は思う。

サンカーズに展示している90を眺めながら、90トラックを思い描く私もある意味変態かもしれない。何かが足りないからこそ美意識が生まれる。全てを兼ね備えたクルマは無い。だから何かに特化したクルマに魅力を感じるのだ。こんな事を考えて新車を買えるのも一年を切った。買える人はぜひ買って頂きたい。迷い後で後悔すると一生引きずることになる。現金でもローンでも欲しい人は絶対買いだと私は思う。じゃ何故私は買わないかって、買えるものならローンで買いますよ130を。ご理解ください私の状況を。だからこんなにしつこく押したり引いたりしているのです。今のディフェンダー新車は今しか買えませんからね。ご決断を。

食アタリでも歩くオヤジでした。

金曜日夜に食べたものにアタってしまった。一睡もできず胃痛との戦い。朝方トイレに駆け込む。土曜日から日曜の朝まで睡眠。寝れるとは身体が弱っている証拠。当初予定していた土曜日の取材はキャンセル。日曜日も取材が有ったがキャンセル。しかし日曜日8時まで寝て回復を感じいざ取材に。七福神のロケハンである。なにも食べてないので外に出るとふらつく。ジュースとパンを買い電車で食べる。腹回りが二回り細くなっている。コレを維持しなければと心で誓う。

深川七福神巡り。まだ胃腸の調子がいまひとつ。でも今日のロケハンには意味がある。本番は大切な1月4日。本来の七福神の日なのである。フラフラしながら七箇所を歩く。実は本番当日は二カ所と決めていた。もう一本歩かなくては。

続いて隅田川七福神巡り。押上まで電車で移動。突然のスカイタワーに驚く。身体に力が入らないがゴールまで歩く。合計約13キロか。地獄の歩きであった。腹回りは青年のように。そんな事が有る訳が無い。しかしこの腹回りは維持したい。しかし気が付くとオヤジの腹回りにあっと言う間に戻るのだ。ドタバタの週末は終わろうとしている。あー疲れた。写真の順番が変だが疲れているのでお許しを。人間追い込まれるとちょっと狂います。

10月19日20日早川ジョンブル&ディスコミーティング&フリーマーケット

10月19日土曜日20日日曜日開催するジョンブル早川&ディスカバリーミーティグに於いて、早川オートキャンプ場管理者の吉田氏提案で、フリーマーケットを行うことになりました。吉田氏のお宝も放出だとか。物置に眠っているお宝を持ち寄りましょう。フリーマーケット参加は自由ですので。

秋風が心地よい季節に早川に集まり楽しみましょう。私は18日金曜日から早川を目指します。21日月曜日まで滞在しますので、19日以外でもジョンブル取材行います。必ずメールで取材希望日を連絡ください。メイン取材は19日。オマケで20日と21日午前も取材行います。また同時開催のディスカバリーミーティングでは、同じ車種同士で盛り上がってください。イベント参加は面倒とお考えの貴方、参加すると楽しいですよ。同じ価値観を持った同士は気が合いますから。