ランドローバー好きなら人生一度はクラシックレンジローバーを買うべし。

ランドローバー中古車相場が高めだと感じる。確かにランドローバー新車価格は10年前と比較すると高い。中古車を販売する立場で考えると安いより高いほうがメリットは有る。仕入れ価格が高騰しているから販売価格が上がるのは理屈に合う。でも全てが適正価格で有るのか。何が適正かは販売車のレベルで変わる。中古車相場の高騰に便乗してレベルの低いクルマを高く売る輩も居る。価格設定は自由である。となると買う側が見極める目が必要となる。見極める目に自信が無い場合は信頼出来るショップで買うしか術は無い。信頼出来るショップ選びにも買う側の知識が必要となる。新車は別だが中古車選びは大変だと言うことで有る。クラシックレンジローバーネタで有る。個人的にはクラシックは前期モデルまで。という考えを持っている。隠す必要が無いので正直に書く。でも前期だ後期だと選べないほどクラシックレンジローバーの売り物が無い。それは欲しい人の手元に届き手放さないからだと考える。また業者の手元に有るが仕上げて無いので販売車として成立していない。ボロボロの状態で解体業者に買われ部品取りとして使命を終えたクルマも多い。いずれにしてもクラシックレンジローバーを手に入れるには厳しい環境なのだ。


クラシックレンジローバーを探している人はボディが純正白系が多い。理由は解らない。でも白系だとすぐに飛び付いては危険である。なぜって全塗装している場合が多いから。全塗装でも構わない人は話は別だ。そんなに数多く新車クラシックレンジローバー白系は販売されていない。特に前期モデルは驚く程に少ない。後期モデルだって同様です。


内装の好みは前期&後期によって人それぞれ。優劣は難しい。コノリーレザーオタクの私は変人と考えましょう。


バンデンプラスがいいとか嫌とか、これも完全に好みです。私もバンデンプラスを所有してましたが理由は荷室が広いから。正直運転席の後方は全て荷室と考えていますから。


4200ccエンジンはちょっと魅力的。理想はベーシックモデルに4200ccが有ると完璧ですが無い物ねだりです。


年老いたクラシックレンジローバー購入のポイントは、仕上げたクルマは別として車歴です。前のオーナーの愛情が深いクルマは解ります。大切に扱われていたクルマは筋が良い。運転していても伝わります。定期的に整備を行っていたクルマこそ買いなのです。距離より整備記録が問題です。素敵なクラシックレンジローバーとの出会いを願っております。因みにこのクルマはプログレスの販売車。まだ売れてなければラッキーです。前オーナーが愛情を注ぎ込んだ適正価格のクルマだと私は考えます。勿論オリジナルの白系ですよ。

本は図書館で借りるもよし本屋で買うもよし。

娘に頼まれて図書館に本を受け取りに行く。受付の方は懇切丁寧に対応。予想以上に人が多い。妻と娘は本は図書館で借りる派。月に膨大な冊数を読んでいる。時間が空けば何か読んでいる。妻は図書館司書なので本を読むのは仕事。娘は妻の血を受け継いだのか異常な本好き。興味が有った本がテーブルの上に置いてあった。読んでもいいか尋ねると返却まで3日と言う。私は必死に読み終えた。久しぶりに図書館の本を読んだ。これも有りだな。図書館が定期的に廃棄本として市民に分配するシステムがある。各市町村で行っている。妻が務める図書館で誰も持ち帰ら無い本が残る。よせばいいのに勿体無いと考え妻は確保。そんな本が何十年も経てば何冊になるか。狭い我が家は本だらけ。私は本屋で買う派。数年前に一度全て図書館に寄付をした。引越しで本を運ぶのが面倒になったのだ。あれから10年。10年経てば多少は増える。置き場が無くて伊達と妻の実家にダンボールで保管。最近は図書館から借りてくる本も気にするようになった。でも読むジャンルが違うので難しいのが本音だ。本は買いたいな。


最近読んで面白かった本がコレだ。私はノンフィクション好き。寒くてボア付きトレーナーを上下ユニクロで買った。その直後に読んだので生々しかったな正直。22歳から活字の仕事に携わっているので本は買うべきと考え生きてきた。そんな私でも新聞購入からネットニュースで済ましている。月に数多くの雑誌を買っていた私が雑誌を買わ無い。それだけ世の中は活字離れなのだ。電車に乗れば人々はほぼスマホを触っている。商店街の書店は消えた。コンビニの雑誌コーナーも消滅するだろう。液晶画面を長時間見ていると目が霞む。活字には活字の役目が有ると信じている。本を読むことで得られる事も多々有る。本屋での一冊の本との出会いは得難い喜びだ。本を買うために食事を抜いた事が若かりし頃何度も有った。そうして買った本の内容は未だに頭の中に記憶として刻まれているのだ。

アクション映画なのに英国臭有りです。

この一ヶ月で20本のレンタル映画鑑賞をしているがお勧めできる映画が無かった。俗に言うメジャー映画では無いのだが、英国とランドローバーを多少感じられる映画にやっと出会った。後半での場面設定で観る価値があるかな。でも余り期待はして欲しくない。私も英国を舞台にした映画を探している訳では無い。偶然の産物なのである。


アクション映画なので好き嫌いはご勘弁願いたい。でもロンドンの街並みや水上生活で多少英国臭は感じられる。最後にはランドローバーが登場し安心した。ロンドンバスとレンジローバーの絡みだけで納得する私は改めて英国バカだと納得した。死ぬまで英国バカなのだろう私は。

 

発見!!

ネットサーフィンをしていたら驚くホームページを発見。私のために神が導いてくれたのか。こんなスクールが日本に有ったとは知らなかった。チームを維持するのは大変。リンクの貸切は正直無理が有るのです。参加人数を集めるのは辛い。ビジターとして各チームに参加するのも遠慮が有るし。スクールだと個人で参加出来て気楽です。若者達と一緒に汗をかくのも刺激的だしな。クルマが戻ったら入会検討だ。


信じられません。それも年間通して毎週開催。リンクは東伏見。自宅からクルマで30分で行けます。そして平日の夜なのです。60歳からの手習いとしては最高です。基礎を改めて学ぶのは必要かもしれません。申し込み制なので休みも有り。北海道に行っている時は休めます。最高齢が70歳と書いていたので60歳でも入れるかな。ちゃんとコーチから指導を受けるのは中学生以来。大学の体育会経験者は入れません。スケートが滑れなくても入れるそうです。これは私のためのスクールだ。今日はBS放送でアイスホッケー全日本選手権決勝。ぜひご覧ください。アイスホッケーは観ても面白いですよ。

斎藤さんに感謝。セカンドは元気そうだ。

北海道の斎藤さんからメールが届いた。セカンドのエアサスは5分後に動きました。セカンドのキーは斎藤さんに預けてきた。乗っていいよ。しかし冬タイヤに交換してないので乗れ無いか。仕事が休みなのに伊達に行きエンジンに火を入れてくれたのだ。感謝致します。去年も同じ症状だった。寒くなるとエアサスの動きが鈍くなる。夏場は普通に動くので騙し騙し乗っていた。要は傷だらけのセカンドなのである。


この風景は室蘭である。北海道としては雪が少ない。斎藤さんは解っているな。この写真の意味が。


そしてこれが伊達である。クルマを置いて有る場所は勿論屋外で有る。ほら雪が無いでしょ。伊達は雪が降らなく温暖という証拠なのだ。セカンドに話しを戻してエンジンON前の状態。完全に落ちてます。さて持ち上がるのか。


車高が上がるのに5分掛かったとか。寒い室内でご苦労様です斎藤さん。この儀式が必要なクルマなのです。結論は解ってます。治すのがオーナーの務めなのですが。


そして通常モードとなったセカンドの勇姿なのです。20日間冷えていたのですね。まっよく頑張りました。でもこんな生活で果たして良いのでしょうかね。ちょっと私も考えてしまいます。中途半端なんです。全てが。あ〜運転がしたい。完全にストレスです。