ディフェンダーTDCiはランドローバーだって知ってますか。

ディフェンダー200〜300TdiやTd5はランドローバー好きがクルマを購入。ディフェンダーTDCiからはディフェンダーのデザインに興味を持ち購入した人が多いと勝手に思っている。TDCiの販売台数は1500台を超え、ディフェンダーモデルの中で最大派閥なのだ。TDCiモデルは安くは無い。しかし勢いで購入し最初の車検を待たずに降りた方が多いと勝手に考えている。ではそのディフェンダー達は何処へ行ったのか。私は日々試行錯誤していた。ランドローバー専門店に買い取られるのは微々たる台数。理由は専門店の動きは日々観察しているから。ネットサーフィンで私は調べ一つの答えが見えてきた。都会の特に東京のセンスの良い店構えの中古外車販売店が扱っている。ベンツのGと同じスペースに置かれディフェンダーが売られているのだ。勿論土の匂いやクセサリーパーツは皆無。ノーマルでの販売。ディフェンダーが欲しい人はデザインが良くて買うのだ。4WDだローレンジなんて関係無い。ただMTは面倒だがファッションと考えれば我慢。ランドローバー愛なんて興味が無い。販売店もメンテナンスや整備なんて関係無い。専用テスターなんて聞かぬふり。これが現状かとやっと認識出来たのだ。ランドローバー業界ではディフェンダーTDCiは回遊していないのだ。そんな事どうだっていいだろう。という声が聞こえてきそうだが、私はランドローバーの傾向と対策を考えるのが仕事なのだ。


トレンドとなっているディフェンダーTDCiであるが一般人が買わないのが130である。一般人が手を出さないから魅力が増すのだ。この130を使いこなせるか。正直私もまだ使いこなせる段階に到達していない。日々130を考えていると多少は近ずくかと勝手に考える。希望と夢を持つのは自由である。運転している姿を橋口くんに撮ってもらえば良かったと後悔の念が。このクルマの二代目オーナーとして5年後か10年後には橋口くんにバトンが渡される。現オーナーから許可をもらっている現場を確認した。ズルい。いいな。と嘆いても悲しくなるばかり。私の道は私が自ら切り開くしか術は無いな。そんな事を考えている私なのだ。完全に130病ですな。クラシックレンジローバーが運転出来ない反動だろうな。

 

理想は90ピックだが軽トラは現実的かな。

山線一周歩きが近づいているが腰痛で練習が出来ない。ちょっと焦っている状態。40kmの全景は頭に入っているが簡単では無い。そして今回大変なのはカメラ。我が友二台のGRの内一台が動かない。山手線歩きではブログ用と印刷用に分けて使っていた。念のためにリコーに電話で確認したら再購入を勧められた。そんな理由で修理に持ち込んでいない。となるとブログ用は白GRで印刷用は一眼レフ。重いのだ。当日は数回はアップしたいブログ。となるとPCも必要となる。私は過去最重量のリュックを背負っての40km歩きとなる。確認メールが何本か入り頭が混乱しいている私は6時代々木スタートと答え訂正したが、正しいスタート時間はJR代々木駅7時で有る。間違い無いように。私が勘違いしているのだが。先日軽トラを紹介したら気合が入った軽トラの写真が送られて来た。世の中には同じような事を考える人が居るので有る。


オーナーは仙台の高橋さん。ディフェンダー110とクラシックミニを所有していたが、なんとミニを手放し軽トラに。ちょっと複雑な気持ちの私である。ミニから軽トラが寂しいな。フロント部分の写真が有るのだがアップしようとしたらメモリーオーバーだった。高橋さんゴメンなさい。写真1枚の使用となりました。どうやら将来はウインチ装着を考えているとか。同じ事を考えているな。高橋さんは釣り師。日々の行動を考えての軽トラ変更となった。でもカッコイイドレスアップですな。都会に住んでいるとクルマは無くても生きていける。しかし地方はクルマが有ればより便利。そして軽トラが有れば生活が豊かになる。私は軽トラ崇拝者では無い。ランドローバー&クラシックミニの二台待ちスタイルに変更は無い。でも経済的余裕のある方は3台目に軽トラをプラスするのも悪い選択では無いと言い切れる。理想は英国の軽トラである90トラックですが。

 

オフロード命の飯島くんが始動するのか。

何を書こうかと毎日迷う。書きたくて書きたくて迷う事なく書く日もある。並行して読んでいた本が終わり今日から何を読むか。なんて考えていたらブログを書くのが遅くなる。最近は半身の痺れが増している。多分うつ伏せ寝での読書が原因。あの体勢は腰に悪いので皆さん避けましょう。さて先日は甲府に行って来たが、飯島くんに注意された。オフロード熱は冷めてません。日夜オフロードの事を考えている。最近は甲府近郊でオフロードコースを物色中だとか。そんな彼のテンションで連れて行かれた場所を紹介する。地元の名士との繋がりが多い飯島くん。オフロードコース候補を探しているようだ。


採石場跡地である。甲府中心地からクルマで30分。こんな場所があるのだと驚いた。所有者の方と同行し山登り。


頂上はフラットであった。ユンボがあればどうにかなる。ちょっと私もテンションが上昇。採石場なので石が数多く点在している。俗に言うロックセクションなのだ。他にも見せたい土地が有るらしい。土地持ちには敵わない。地方にはレベルを超えた富裕層が居るのです。使わない土地を有効活用。2018年は飯島くんが動きだしそう。オフロードの聖地を目指し甲府が注目の場所となりそうだな。オフロード好きよ期待して待っていてね。

手間を時間を掛け、愛情を注ぐとクルマは生き返る。

四日市のプログレスにクラシックレンジローバー集まっていた。急に買い取りで増えたようだ。でも現状で快適に運転するには問題がありそうだ。一台一台仕上げるのに時間と手間と愛情が必要となる。でも結果として収まる場所に収まったと考える。長年クラシックレンジローバーを販売してきたプログレス。決して部品取りにしないし廃車にはしない。置き場のスペースも有るので必ず販売車として蘇る。最近は口煩い私の目が有るので正しいリフレッシュが行われると信じている。


二台とも数少ない白系とは驚きだ。不思議な縁である。手放す人が居るから買える人が居る。この繰り返しで25年乗り続けて来たのだ。


ボディ色も各色選べるな。プログレスはベテランのメカニックばかり。今は工場が混んでいるが、年明けから私のクラシックを含め整備がスタート。ノウハウが有るので期待して欲しい。来年のセレクションはクラシックの紹介が増えそうだ。どこのショップでもクラシックレンジローバーの正しい調整は出来ない。経験と技術が必要なクルマなのだ。何度も書いているが素材が減っている現状。残り少なくなったクラシックレンジローバーを、一台でも多く維持させるのが我々ランドローバー好きの使命と考える。クラシックレンジローバーはただフアッションで所有したら地獄を見ると覚えておきましょう。覚悟と使命は忘れずに。

至極な時間。

一般道と高速道路を1時間130を運転した。ちょい乗りは何度も経験していた。しかし長距離の運転は初めてだ。頭では全て理解していた。しかし体での体感が必要なのだ。細い道を曲がる。高速道路での車線変更。全長の感覚。視界の現実味。確認する状況は実は多い。そして最大の確認事項はホイルベースの体感だった。


130運転しますかと橋口くんから提案。いいのかよと内心は嬉しい。彼に撮影を依頼。130だと解るように撮ってね。無理な提案だったようだ。でもこのクルマは130だったのだ。ディフェンダーの室内差別化は困難。90でも110でも130でも全て一緒。違いは運転席から後方を観ないと解らない。


珍しい130のATを運転。楽すぎて私にはまだ早い。私はまだMTでガンガン走りたい。でも大きさを運転して確認したかった。後方の視野を確認したかった。これで理解した。130のホイルベースは完璧だ。最高の乗り心地だった。ディフェンダーで初めて威風堂々とした走りを体感した。どうやったら130を買えるか。真剣に考える必要が有るな。私には時間が限られている。何故って130新車は残り少ないからだ。残っていたとしても1年間か。ボディ色は選べない。白が欲しいなんて贅沢は言えない状況。最後のディフェンダーはTDCiを所有したい。今更宝くじに頼れないし。コンビニバイトでも足りないし。ランドローバー人生で130を所有せずに引退は出来ないと固く誓った私であった。久しぶりにやる気が出てきたぞ。