ニセコ駅。

北海道で放映されるテレビではニセコ関連のニュースが多い。相変わらずニセコバブルは続いている。ニセコと言うより比羅夫地域がバブルなのだが。次々と外資のホテルは作られ外国人が大勢働く。最近は外国人用学校申請を巡って色々な動きが有るらしい。このままだと比羅夫地域は日本にある外国の道を邁進してしまうかも。海外留学するより比羅夫留学が英語の勉強に最適なんてね。目的地まっかり温泉に到着です。


入浴料500円。露天風呂の正面には羊蹄山がど〜んと観えます。が近眼の私には霞んで観えます。お湯は普通かな。さぎり湯は越えられません。私はさぎり湯の関係者では無いので信じてね。続いて向かうのはカレーが美味しいと評判のお店です。ニセコ駅から近いと書いてある。ニセコ駅の周りを探しまくる私と斎藤さん。でも発見出来ません。店は数件しかありません。最後は駐車場に駐めて探します。


まさかと思ったら駅の中に有りました。


JRの駅なのです。


ホームに出入り自由なのです。牧歌的であります。そして食べたかったカレーを注文します。

味は微妙でした。しかし現地に来て食べたので大満足。リアルを追求する私としては達成感があります。続いて立ち寄った場所が驚きです。斎藤さんが立ち寄りたい場所が有ると。聞くと斎藤家の本家がニセコだとか。小樽出身と聞いていたので本家も小樽かと思ってました。そして本家がココです。


感動します。ニセコの昔ながらのパン屋さん。俺もしかしたらパン屋になっていたかも。そしたらどんな人生だったのかと斎藤さん。斎藤さん、それも人生これも人生。斎藤さんとの北海道ぶらりドライブはまだまだ続きます。

 

 

真狩村の野菜。

伊達からニセコに向かう途中には真狩村がある。ジャガイモで知られている。演歌歌手生誕地としても知られているか。販売所があったので立ち寄る。



私はブロッコリー好き。月に最低10個は食べる。驚く安さと新鮮さに勿論2個買う。



そのブロッコリーより大好きなのがカリフラワー。しかしカリフラワーはちょっと高めのイメージが。しかし150円なのだ。勿論1個購入。真狩村は野菜の宝庫なのか。



タケノコキャベツだ。知らない食べ物は買わない保守的なオヤジなのだ。でも買うベキだったと多少の後悔が。



斎藤さんは百合根コロッケを購入。美味しそう。



私は必ずソフトクリームを食す。牛乳ソフト。間違いない味なのだ。北海道のソフトクリームって味であった。伊達から走り出し30分で洞爺湖。真狩村がありニセコまで30分。冬は雪で多少時間は掛かるが夏場は土日でも道路はガラガラ。まっ一年中道路はガラガラなのだが。道民は移動時間を気にしない。大らかな気質なのである。現在猛暑は終わり過ごしやすい日々の北海道である。

朝風呂途中に絶景が。

天気が良いので朝風呂に向かう。目的地はニセコ。斎藤さんが迎えに来ます。ボディパーツを交換したとテンションが高い。電柱に触れて凹みました。情けない。



こちら側が本来の姿。しかし交換した側は、



これです。ネットで中古品を購入したそうです。しかしTd5のステッカーが。左右でTdiとTd5か。やはりディフェンダーはキットカーですね。走行中に絶景が。カメラを持って私は外へ。



羊蹄山と130は絵になります。これも北海道です。スキー場として存在感が有るニセコですが、夏も避暑地としてニセコに人が集まります。北海道っていいなと改めて感じた瞬間でした。

コンビニコーヒーも美味い。

最近コーヒーを飲む習慣が。コンビニコーヒーの飲み比べを行った。唯一出来なかったセイコーマート。伊達に入り早速にセイコーマートでコーヒーを飲む。私の好みのコンビニコーヒーが決まった。それはファミリーマート。これはあくまでも私の好みなので間違い無いように。そこで私はファミリーマートで販売されているcollectionを発見。商品名がドリップコーヒー10パック。これが安くて美味い。気合いを入れ愛情込めて湯を注ぐ。絶品なのだ。私の常備品リスト入り決定なのだ。



ブラックで飲む。140mlが適量と書かれているが私はちょっと湯多め。昼過ぎに一杯飲むのだが至極の時間である。スイーツなどあると最高だ。で気が付いた伊達にファミリーマートが存在したか。神様からのプレゼントです。国道沿いに最近オープンしたのです伊達に唯一のファミリーマートが。セイコーマートが全て私好みでは有りません。私だって使い分けしております。セブンイレブンのあのパンは絶品だとか。コンビニ愛が強い訳ではありません。夏でも温かな飲み物を意図して飲んでいる私の話でありました。最新号そろそろ届いたかな皆さん。北海道から送っているので九州はまだかな。因みにファミリーマート伊達のドリップコーヒーは品切れ。取り置きで昨日やっと二回目購入。毎回2個しか入庫しないことが判明。オヤジなのでこのコーヒーが美味いと説明。もう少し常備すべきだと。オヤジは面倒な生き物なのです。

歩け歩け。いつまでも歩いて欲しい。

使い続けると破損する。再生したいが限界も有る。まだまだ使えると考えていたリモコンキーだが、そろそろ限界を越えて破片が落ちた。現在19万キロオーバーなので受け止めるとするか。私の元に来てから何年かな。まだそんなに経っていない。伊達に居るとランドローバーを見掛けることはほぼ無い。知り合いのランドローバー以外で国道で観たのはイヴォーグ、ディスコ4以上終了となる。地方は外車より国産車がメイン。北海道で4WDは生きていくうえで必要なクルマ。しかし敢えてランドローバーを所有したいと考える人は極端に少ない。飛び込みで入った伊達市内の床屋。腕は良かったがランドローバーに無関心。それでいいのだ。知らなくていいのだ。英国が2040年までにはディーゼル車とガゾリン車の販売中止を発表。なぜ今発表なのかは理解に苦しむ。までにと言うことは早まる可能性も有る。日本政府はどう対応するのか。23年後である。所有しているオーナーの対応はどうなるのか。



リモコンキーが破損したなんて言っている場合では無いな。旧車好きとしては心痛む話なのだ。隔月で東京と北海道を行き来して考えるのは、都市部ではマイカーが無くても生きていける。しかし地方いや田舎ではクルマが無いと生活移動範囲が極端に狭くなる。伊達市内をバスが循環していない。伊達は市である。年寄りは歩いて買い物や病院や郵便局に行く。でも足腰が悪い年寄りはどうするか。また冬場はどうするか。クルマを持っている年寄りはクルマ頼みとなる。しかしクルマを所有してない年寄りだって大勢居る。年寄りはネット注文は出来ないのだ。夕方のウォーキングで挨拶する年寄りが数名出来た。彼らは解っているのだ。歩けなくなったら行動範囲云々より生きていけない。だからウォーキングで体力維持を。85歳になる母親には愛の鞭。歩きない。毎日歩きない。最初は私を頼ってクルマ移動を口にした。でも私は無視。クルマに慣れると人は歩かなくなる。長生きするには元気な体が必要です。夕方のウォーキングは母親へのメッセージ。歩け歩けいつまでも元気な体で歩いて欲しい。