林道ツーリング企画します。

御殿場に御殿場高原ビールの施設がある。ホテル・コテージ・お風呂・食事等色々楽しめる。東名高速の裾野インターから数分。最近はサッカー日本代表の合宿地としても知られる。施設見学に行って来ました。

私の目に留まったのはココである。施設の外れに道が。担当者に訪ねると普段は使ってないとのこと。そうです林道なんですね。しかも土道であります。そして私有地。ということは一般車が入ってこない。私の頭の中では(ココは使える)であります。皆さんが一番走りたい林道ツーリングが可能なのです。走って食べてお風呂に入る。さっそく次号でイベント告知いたします。LRL誌はとことん遊びを提案いたします。ランドローバーを所有して遊ばないなんてツマラナイ。もっと有意義に使いまくりましょう。近々に林道確認してまいります。

ちょっとした気配り。

このようにすり減っていたパット。上のセンサーが感知して警告灯が付く。ただしランドローバー全てのクルマが警告灯が付くとは限らない。気がつかずローターを焼き付かせることもあるので、普段からの点検・整備が不可欠なのだ。

パットの面トリします。ローターは通常パット交換3回で交換が理想とします。なので今回はローター交換は無し。中古のローターに新品のパットを馴染ませ、またブレーキ鳴きを防ぐためには必要な面トリです。

そしてMID LANDさんは中央に溝を入れました。ダストを飛ばす効果があるそうです。溝に関しては色々な考え方があるので、ショップによって方法は違います。いずれにしても純正のローターとブレーキパットは相性が良いと考えます。メーカーが考えた結論なのですから。ローターとパットの関係は深いので、社外品を含め色々調べると興味深いと結果が見つかると思いますよ。

 

警告灯。

何もトラブル無く乗っているクラシックレンジローバー。快適に運転を楽しんでおります。トラブルを待っているのでは無いのですが、ネタが欲しいと思っていたら、警告灯が付きました。ブレーキパットがそろそろ無くなりますよという合図。突然すぐにパットが無くなるわけではないので慌てなくて大丈夫。電話でMID LANDさんにブレーキパットの注文をお願いします。何事も早めに準備しておくことが大切です。突然お店に飛び込んでも在庫があるとは限りません。定期的な点検・整備を忘れずに。消耗パーツ交換はトラブルではありません。正しい理解お願いいたします。

負けるか寒さに。

夜は寒かった。たき火を囲んで暖をとる。何で火を見ると人は無言になり見入ってしまうのか。たき火ができる季節のキャンプは最高です。

しかし、ちょっと寒すぎてキツかった。寝袋の選択に間違いがあったようです。クルマの中に寝袋2個あると決めつけていた私。重ねれば大丈夫だろう。が無かった1個しか。寒くてトイレ3回。ここは千葉県ナメテました正直。

朝起きると全てが凍ってます。寒いわけです。まだまだ装備が足りないと嘆く私でありました。でも止めれませんキャンプは。ご参加の皆さん楽しい時間を共有でき、ありがとうございました。約束の焼酎仕入れてきます。近々に招集しますから。

 

キャンプ場で取材です。

詳しくは次号で紹介しますが110キャンパーです。これ以外も色々キャンプ場で取材してます。全国キャラバン企画スタートのための、サンプル取材も行っております。朝は寒く昼間は暖かいですが、今は夕方なので冷えてきました。テント泊なのでどこまで冷えるか問題です。まっ芋焼酎お湯割りで乗り切りますのでご安心を。