人生初の禁煙で止めれるか?

病院で、しかも保険で禁煙させてくれる昨今。それだけ喫煙は害なのか。正直禁煙ブームだからとかタバコが値上がりしたからという理由での禁煙では無い。55歳のオヤジなので今更なのである。残りの人生好きに行きたい私としては、どうでもいいことが禁煙なのである。だが何かを絶つということに興味を持ち始めた。何かを全うするためには何かを絶とう。理由はクルマの燃料代である。えっそんな事と思うかもしれない。しかし今は燃費や燃料代を考え移動方法を考えるようになった。一年前までは移動はクルマ中心が当然と考えていた。そしてこの一年間のクルマ離れ。クルマを運転することが、ある意味仕事と思いこの20年間毎日クルマを運転していた。クルマに乗り続けると必然的に運動不足になる。若い時は気にしなかったが、年齢を重ねると色々と病気に繋がり、現在6種類の薬を飲んでいる。医者に太るなと言われ歩き始め、読者を巻き込んでの七福神巡り。でも反省してますクルマに乗らな過ぎだと。普通の人の何倍も走ってきましたが、余りにもクルマにいやランドローバーを運転してません。これはマズイです。運動は運動として時間を作って行うべき。という理由で今回の禁煙スタートに至ったのでありました。愛煙家の皆様お許しくだされ、禁煙にチャレンジいたします。失敗して戻ってきても温かく向かい入れてね。

ラスト一週間。お別れタバコに選んだ銘柄は、日本たばこ産業株式会社渾身の作品The Peace1,000円である。5月8日が禁煙開始日。それまではプカプカ吸っている私。意思が弱いという目で見ないでね。35年喫煙生活最後の一週間を楽しみます。では一服いたします。本当に禁煙できるのか? 禁煙応援メッセージありがとうございます。メール頂いて恐縮しております。ここまでオープンにしたら止めれるかな。

メカを選ぶのは貴方です。

知っている人は知っているが、知らない人は全く知らない、それが富士自動車である。ココは現在ランドローバー正規指定協力工場である。ローバーカーズ時代からの正規指定協力工場でもある。二子玉川駅からも歩ける世田谷区鎌田に工場がある。私も昔から噂は聞いていたが、お会いするのはお初である。ミニとランドローバー談義で盛り上がり、楽しい時間を過ごすことができた。また企画を思い付き近々にスタートしたいな、なんて考えております。

富士自動車は点検整備・車検がメインなのでメカ集団である。クルマの販売は積極的ではない。自社内に鈑金塗装もある。ということで広告宣伝もすることなく裏方に徹していた。しかし紹介でLRL誌の次号から広告掲載が決定。直しながら乗り続けるLRL誌のコンセプトそのものズバリな自動車屋さんである。先日あるランドローバーDラーから連絡があり、イボーグの記事があれば雑誌を購入したいと。LRL誌では取り上げない車種ですとお伝えした。八方美人になる気は無い。一人編集部と決めたからには私とカメラとデザイナーが食えれば理想である。まだ理想までいかないが、ランドローバー全ての車種を毎号紹介するのは不可能。私が興味あるランドローバー限定で編集いたします。話しは戻りますが、富士自動車さんが表舞台に出てくることは大歓迎。ちょっと趣味で始めたランドローバー屋さんとは次元が違います。生かすも殺すもランドローバーオーナー貴方次第。ご自身がご確認しにお訪ねください。また1件LRL誌応援店が増えて嬉しい私なのでありました。実は今朝、何を思ったか私はある病院に行って来ました。喫煙35年の歴史に幕を下ろします。今日から12週の禁煙治療のスタートです。私は意思が無いので今日からすぐに禁煙はできません。なのでお医者さんの手助けで禁煙にチャレンジいたします。今日から一週間はタバコとお別れ7日間。好きなだけ吸いなさいと言われました。薬一錠を午前中に飲んだのですが、18時45分現在まだ3本。そんなに急に効果でますかね。以上どうでもいい個人情報でありました。

 

 

英国製品の撮影してます。

世間は連休である。高速道路は混んでいるが一般道路は空いている。東京都内の道路もガラガラ。東京の道路が走りやすくなることが年に3回ある。5月の連休。お盆休み。年末年始。昨日は2.2TDCIの試運転で都内を走った。そして今日は小田原で英国製品の撮影。さすがに連休である、お客がまだ一組も来ない。これが連休なのか。ショールームで撮影をしている邪魔者なLRL誌である。

横にディフェンダーが見えると、ちょっと専門誌風に思いませんか。今日の昼飯は小田原百貨店で弁当で決まりだな。なんか小田原に居ると、小田原時間ってあるなと感じます。まっノンビリしているのであります小田原は。

洋服のシワを取るためにこうしておく。パーテンションにはチェック柄を貼り、英国風を演出しているバカなオヤジである。反対側に机があるので、このチェック柄を眺めるわけです。週代わりで布地を変えたら気分も変わるかな。

商品からタグを取ったり、商品と価格をチェックしたり。やることはそれなりにある訳です。3号はアウトドア系でなく英国小物を中心に紹介いたします。友人はこの連休に英国に行っているし・・・。英国に行きたいな。英国が無理なら北海道に行こうかな。嫌な梅雨を避けて6月に釣りをしたいねと平島君と相談している私なのであります。

DEFENDER&DPF。

2012年モデル2.2TDCIの90トラックである。110の2012年モデルは試乗しているのだが、どうしても知りたいことがあった。現在2.2TDCIを日本でナンバーを取得しようと思うと、私の知る限りDPFを装着しないと無理だし継続車検も取れないと説明を聞いている。仮にナンバー取得時にDPFを取り付け検査を受け、その後DPFを取り外すと違法行為となる。まっこの話しは専門店に聞いて欲しいが、私の興味はDPFを装着していない2.2TDCIのポテンシャルを確認したかった。そこで高井戸にあるディフェンダー専門店に交渉してみた。社長個人の所有車であれば試乗可能。まだDPFは装着していない。Dラーナンバーで試乗を試みた。理想は110を運転し乗り比べたかったが無理は言えない。

90トラックは本来110と比べてはいけない。車重が違いすぎる。しかしエンジン音やパワーチェックは充分確認できた。KIMURAは本音で書きます。DPFが本来のパワーを落としているのは間違いない。特に2000回転までに影響がある。2000回転以上はまったく変わらない。2.2TDCIエンジンは回して良いエンジンと判断。なのでどんどん回してください。問題は2000回転以下です。2.4TDCIよりは低速トルクが太くなっていますが影響が多少あります。クリーンディーゼルと納得させるにはコレが限界なのでしょう。普段乗りには全く問題はありません。ただ私はTdi、Td5、TDCIと運転しているので違いが解ります。ということで納得できた試乗でありました。クリーブランドさんには感謝しております。いずれにしても2.2TDCIの購入を検討されている方は、必ず試乗してください。試乗せずに購入は私には理解できません。安い買い物ではありません。私なら売り物があるのであればTdi、Td5、TDCIを試乗してから結論出します。それぞれ乗り味が違いますから。自分に合ったディフェンダーをお選びください。予算もありますしね。

改良できないかサードレンジBMWエンジン。

この写真で見えますか指先のクーラント。Vバンクにクーラント漏れです。ある意味名車なんですが水回りが弱いんですこのクルマ。最近は200万以下の販売車輌もでてきて、購買意欲も高まっている方も多いはず。なんですが要注意箇所がありますのでご注意を。

これは新品です。

こうなってしまいます。熱も影響するのでしょうが、ここからもクーラントが漏れてしまいます。

底に黒ぽくなっているのがクーラントが溜まった後です。

ボロボロガビガビになってますガスケット。漏れますね。惜しいないいクルマなんですこのクルマ。そしてラジエターも弱い。強化タイプとか作れないものか。こんなことを詳しくLRL3号で解説。バイヤーズガイドはサードレンジローバーBMWエンジン編となります。乗り続けようを合い言葉に、LRL誌は連休も休まず働いております。