お知らせください。

03号から発送を極力ゆうメールで行っている。小田原に行けない時は、ヤマトメールでの発送。なかなか着かないとか、届かないという連絡を頂き切り替えた。しかしゆうメールで送っているのだが、届かないという連絡を頂いた。調べると先月31日に送ったことは間違いない。今日出先からヤマトメールで発送した。メールやFAXで注文してまだ届かないという方、再度ご連絡ください。発送完了時には必ずメールで連絡しております。まっ人間が届けているのだから間違いも起こるのだろうと寛容な気持ちで考えるしか方法はない。ゆうメールは手元に控えが無いので、発送後は郵便屋さんに任せるしかない。ヤマトメールは控え番号は残るが、とにかく遅いようだ。今日は写真も無く失礼いたしますが、発送方法で苦慮している現実をお伝えいたします。送料で読者に負担をかけたく無い。けど私が400円500円の送料を負担すると、LRL誌を継続できなくなります。近々に郵便局に確認してみますが、多分納得できる答えがあるとは・・・。まだ届いてない方、ご連絡お待ちしてますので。

雨の日だって歩きましょう。

梅雨入り間近な関東ですが、雨の日だって歩きましょう。傘をさすも良し。小降りであればレインウェアでも大丈夫。大好きな長靴もいいかもしれません。私は用品テストをしています。このゴアはいいとか、蒸れるとか、暑いとか。そんなことを試しながら歩きます。

紫陽花が奇麗な時期になりました。雨で濡れた紫陽花も美しい。花を見て奇麗だなと思う私は年寄りなのか。イヤイヤ普通の感覚です。花は美しいのであります。雨の日歩いていると同じような方が多いので驚きます。東京都内の神社仏閣巡りをしていると、若い人が多いのです。ジジババ中高年なら理解できますが、20代30代が巡ってます。頭の中で七福神マガジンとか月刊御朱印がヨギリますが、冷静になりランドローバーラボラトリーが100号まで継続できますようにと、手を合わせる私でありました。

代官山の蔦屋書店で好評発売中。

日本の本の販売形式に疑問を持っている私は、書店販売を避けてランドローバー専門店販売と直接販売を行っている。そして最大の目標は一年後に年間購読1,000名二年後に年間購読2,000名と考えている。しかし例外書店が1店ある。メールで誠意ある連絡がありLRL誌を取り扱いたいと。現在のクルマ・バイク担当者の方々がリンドバーグさんから移られたとか。そういう経緯があり代官山の蔦屋書店では01〜03号が販売されている。ランドローバーマガジンでもお世話になっていたので、義理を重んじる私としては筋を通した次第であります。

では代官山の蔦屋書店とはどんな書店なのか、ということで興味津々の私は行って参りました。まっ驚きましたね。スケールと規模が桁違い。こんなにいややっぱり日本人は活字が好きなんだ。ネットで買わずに、わざわざ来店して買う人が大勢居るのだ。安心したというかほっとしたというか、印刷媒体は必要なんだと確信できました。取り次ぎ会社を通す事無く、独自に必要な本や雑誌を揃える蔦屋書店に拍手を贈りたい。この取り次ぎ制度は面倒なシステムなので、改めて説明いたしますのでお待ちください。

事実を伝えるのが私の仕事。

許可を頂きお知らせいたします。この画面なんだと思いますか。ランドローバーUKとオンラインで繋がっているのです。日本に居ながら直接純正パーツを購入しております。ランドローバージャパンさんではありません。

15年間DEFENDER販売を続けた結果と実績で、ランドローバーUKからオンラインでクルマもパーツも購入できるのです。直接購入ということは安い。そして速い。飛行機か船かどちらの輸送方法も選べる。もうこんな時代になってしまっているのです。リコール情報も毎日連絡は入ります。勿論、ランドローバー全車種が。15年間継続しているからこそランドローバーUKとの信頼関係が深い。英国の販売店からクルマを買っているのでは無く、直接ランドローバーUK本社から購入しているとか。私はこのショップの人間でもありませんし回し者でもありません。事実を伝えるのが私の仕事。この15年間で何台のDEFENDERを販売したのか。恐ろしい台数なのでは?高井戸さん。どこでDEFENDERを買うかは貴方の自由。価格がバラバラなのも資本主義の結果。メカニックが居る居ないも販売店の勝手。テスターを持つも持たないもショップの判断。でもお金を用意して購入するのは貴方。貴方は自己責任で販売店をお決めください。安ければ理由はあるし、高ければ言い分はある。輸入品で全国統一価格ってなかなかありません。定価と購入価格は意味が違いますから。

やっと見つけた眼鏡。

見れば普通の眼鏡である。ちょっと仕掛けがあるのだ。高級品でも英国製でも無い。安売り店から商店街の眼鏡屋から探し回って、やっと見つけた。そうですネットで探すと早かった。チキショウ、ネットに負けるかと思っていても便利であることは認めます。

この眼鏡、跳ね上げ式なんです。昔爺さんがかけてた眼鏡。普段室内に居るときは老眼鏡とかしてますが、ついつい寄って見るときは眼鏡を外してしまいます。それを繰り返すと眼鏡が曲がってきます。あーそうだ上にレンズを上げる眼鏡が・・・。私のイメージしていたタイプはコレです。しかしサイズが1個だけ。眼鏡に顔を合わせる。型の関係だそうです。しかも在庫は無くなったら以上終了だとか。お客様フレームが顔にあたっているので痛くなったらご来店ください。顔がデカイのだからどうにもなりません。近眼で老眼が困りものなのです。レンズをどこに合わせるか。遠近、中近、色々あるのですが自分に合ったレンズは難しい。さあこの眼鏡、私の相棒になれるかな。