警告灯。

何もトラブル無く乗っているクラシックレンジローバー。快適に運転を楽しんでおります。トラブルを待っているのでは無いのですが、ネタが欲しいと思っていたら、警告灯が付きました。ブレーキパットがそろそろ無くなりますよという合図。突然すぐにパットが無くなるわけではないので慌てなくて大丈夫。電話でMID LANDさんにブレーキパットの注文をお願いします。何事も早めに準備しておくことが大切です。突然お店に飛び込んでも在庫があるとは限りません。定期的な点検・整備を忘れずに。消耗パーツ交換はトラブルではありません。正しい理解お願いいたします。

負けるか寒さに。

夜は寒かった。たき火を囲んで暖をとる。何で火を見ると人は無言になり見入ってしまうのか。たき火ができる季節のキャンプは最高です。

しかし、ちょっと寒すぎてキツかった。寝袋の選択に間違いがあったようです。クルマの中に寝袋2個あると決めつけていた私。重ねれば大丈夫だろう。が無かった1個しか。寒くてトイレ3回。ここは千葉県ナメテました正直。

朝起きると全てが凍ってます。寒いわけです。まだまだ装備が足りないと嘆く私でありました。でも止めれませんキャンプは。ご参加の皆さん楽しい時間を共有でき、ありがとうございました。約束の焼酎仕入れてきます。近々に招集しますから。

 

キャンプ場で取材です。

詳しくは次号で紹介しますが110キャンパーです。これ以外も色々キャンプ場で取材してます。全国キャラバン企画スタートのための、サンプル取材も行っております。朝は寒く昼間は暖かいですが、今は夕方なので冷えてきました。テント泊なのでどこまで冷えるか問題です。まっ芋焼酎お湯割りで乗り切りますのでご安心を。

明日はキャンプ取材。

キャンプ関係の私物は藤野に置いてきたので手元に無くなった。保管場所が無かったので仕方がない。で30年以上にわたって蓄えてきた用品がごく少数しか残ってない。どうしても欲しかったのがヤカンである。このカタチでなければ納得できない。小田原市内を散策したが金物屋が無い。困ったときは稲妻屋の若旦那里見さんである。電話をしたらすぐ来てくれた。クルマで後輩の金物屋に。私では探せない場所である。ちゃんと在庫があるのが凄い。大きいタイプは有るが、このタイプはなかなか在庫してない。2リッターと3リッターを比べ、二人で2リッターで決まりと判断。即決である価値観なので説明は難しい。明日はキャンプ取材。キャンプ場からブログアップしますのでお楽しみに。

小澤カバン店に拍手。

想像以上の仕上がりでありました。同じ皮が無いのでこれが限界でしょう。持ち手の長さも私のリクエストを理解。重たい物を入れるので頑丈にしてねも合格であります。雰囲気が保たれております。

底のビョウはこんな感じです。中央のビョウも正解です。あー良かった。イングランドの匂いが消えないで。私としては満足。これで普段使えます。ではお店の紹介いたします。小田原市栄町3丁目14番19号 TEL.0465-22-4813 小澤カバン店 どうかご利用よろしくお願いいたします。カバン屋さんでは無く、カバン修理屋さんですからお間違いないように。