温泉病の再発か。

高速道路パーキングから見る伊達市。他界している父親の故郷。現在母親が一人で暮らしている。私はここで生まれ育っていないので知り合いは誰もいない。北海道の湘南というキャッチフレーズで定年退職者が数多く移り住む。湘南という言葉が恥ずかしくて私は口に出来ない。要は雪が少なく温暖なのです。

今日は帯広を目指します。途中立ち寄ったパーキングに不思議な物体が。高速道路を除雪した雪で何かを冷やしているようです。夏になっても融けないし電気を使わないエコ活動ですね。

せっかく帯広に向かっているので北海道らしい絵を。伊達市からは高速が繋がっているので270キロをゆっくり走っても4時間かかりません。近くはありませんが遠くも無い。だんだん感覚が麻痺してますね私。昨日は吉里吉里で高橋夫妻と固い握手をしていた自分。でも今は放牧された牛を見ながらドライブ気分。日本は狭いのか広いのか。

今日は取材が無くまずは音更町にある丸美ヶ丘温泉に。ココは名湯であります。過去数回来てますが日本温泉5本指に入ると私がかってに決めてます。お湯の写真をとカメラを持って入ったら人が多くて諦めました。男の裸を撮る危ないオヤジになりたくありません。お許しを。

お風呂の入り口はなんじゃこれ状態。町の銭湯的入り口です。受付には外国人の方が流暢な日本語でご挨拶。金額は大人400円と安い。浴槽は迷子になりそうな位広い。宿泊施設もあり建物は大きいです。地元の温泉銭湯なのでしょうね。肌に優しいお湯であります。

敷地は広くキャンプをしたくなるようなロケーション。大木が数多く生息しております。元気に走っているセカンドレンジ君。そうそう帯広に入ったら2台のセカンドと1台のディフェンダーとご対面。帯広ってランド生息率高いかも。実際LRL誌年間購読の方が6名居ますから。明日は取材が2本ありますから頑張りますよ。

やっと北海道の伊達市に到着。

函館から175キロで伊達市。夜の高速は辛い年齢になりました。そして高速道路が1車線これが運転しにくい。高速に乗るまでの国道にキツネが3回登場してくれました。さすが北海道です。危ないので出てこないでと祈りながらの運転でありました。

真っ暗で何も見えません。セカンドレンジは私を1070キロ運んでくれました。途中豪雨も山道もありましたが、安心に快適に運転できました。現在実家があるのですが片手位しか来た事が無い伊達市。たどり着くか心配でしたが、さすがにナビは私を運んでくれました。北海道は遠いですね。さて煮魚と刺身で一杯いただきます。

 

気合いで運転すれば間に合います。

ギリギリ青森からフェリーに飛び乗りました。17時5分発函館行きであります。大槌町でナビを設定したら到着予定時刻は17時30分。間に合わないどうするか。ナビは利口では無いので気合いで走れば。16時30分到着です。人間気合いが必要であります。

高橋住職の奥様がお弁当を作ってくれました。フェリーに乗り込み遅い昼飯であります。可愛いお弁当にちょっと恥ずかしいオヤジであります。ロビーでお弁当食べながらブログをアッブしている姿はどんなもんか。でも美味しかった。ありがとうございました。東京に戻ったらお菓子付きでお弁当箱は返却いたします。

高橋住職から頂いたお守りと復活のお祝い。重みを感じてしまいました。ご夫婦と10月の再会を約束し笑顔でお別れ。お二人の元気な姿に安心いたしました。年齢のせいか最近涙腺が緩んでおります。目にワイパーが無く崖から落ちそうになり慌てた私でありました。

大槌町に来て思うこと。

やっと大槌町吉里吉里にある吉祥寺の高橋さんにお会いできた。2010年お会いしてから2年ぶりである。大震災そして私の事。すぐに駆けつけなければならないのに、お金もクルマも無く動けなかった。お互いの精神状態が平常に戻ったら会いたい、やっとその時が訪れた。私が大切にしている御朱印帳の1ページ目は吉祥寺と決めていた。空白だった1ページ目にやっと印が押され、改めて再スタートを実感することができた。

住職は今日も地域住民のためにお仕事をされている。吉祥寺から見える町並みは変わってしまったが、遠くに見える海は2年前と何も変わらない。駆けつけるのに時間は経ってしまったが、私が出来る事は何かあるはず。住職が必要と思えることに協力できればと思っている。我々は2011年のあの日を忘れてはいけない。合掌。

取材旅スタートしました。

東北・北海道取材のスタートである。今日は釜石自動車道の東野インター近くの道の駅で車内泊予定。一人運転だと走行しながらブログアップは不可能。やっと那須高原サービスエリアに到着。

さっそくエネルギー源のソフトを食す。撮影を試みたが上手く撮れないのでアップは諦める。

取材のお供ウエットテッシュは大量に持ち込んだので安心。何が安心か他人には理解できないはず。でもコレが無いと私は安心できない。

運転席に座り体を斜めにしながらパソコンに打ち込んでいる。荷物満載でとても一人旅とは思えない。まっとにかく取材旅はスタート。道の駅に付いたらまたブログアップいたします。