鰻の美味さに驚く瞬間。

サンカーズの橋口くんのお客様にたまに会う。先日話した大先輩だ。69歳で現役バリバリ。60歳はまだまだ若いと言われた方だ。短い時間での会話だが刺激になる。60歳を過ぎると仕事から離れる人と、仕事を続ける人に二分され始める。確かに働かなくて生活出来れば楽しそうだが、毎日が日曜日だと何時か時間を持て余す日が訪れる。私は徐々に仕事量を減らすかと考えていたが、大先輩と話す機会が増え考え方が変わり始めた。体を動くように維持し死ぬ前日まで働く。それが人間としての使命なのではないか。まだまだ何かを企画しプロデュースする。たかだか60歳なのだ。まだまだ小僧なのだ。パシリで動かなきゃと。大先輩に会うのは必ず昼過ぎ。必ず地元名産の鰻をご馳走してくれるのだ。大先輩が認めている鰻屋は3店。どの店も売り切れ御免の商売だ。この日も2店目で席に座れた。



歴史を感じさせる老舗である。



2時過ぎの平日なのに店内は混んでいる。



直焼きが地元の食べ方。関東とは違う。道産子の私は鰻が無くても生きていけるが大先輩が勧める鰻は美味い。小僧よ鰻を食べて頑張れと言われているようで残さず食べる。まるで高校生のような勢いで食す。大先輩との出会いを作ってくれた橋口くんには感謝している。皆さんも鰻の写真を眺めて暑い夏を頑張りましょう。写真じゃ無理だ食べたい。では各自で鰻を食べましょう。

北海道の水が合うセカンドなのか?

暑いぞ北海道と思って来たら以外と涼しい北海道。途中から小雨が降ってきた。セカンドで迎えに来てくれた斎藤さんの運転で目指すは印刷所。着いた日には表紙写真データ渡しが恒例となっている。一般道で室蘭まで約1時間30分。道民は高速道路を積極的には使わ無い。走り慣れた道を助手席から見る景色は新鮮だ。北海道らしい景色何も無く寂れた街並みが続くだけ。一極集中の北海道は札幌だけが巨大化し、地方は散々な状況なのである。これから益々地方は過疎化となり人離れが進むのだろうか。そんな事を考え帰って来た、いや戻って来たどっちでもいいかと一服する私だった。



顔が見え無い斎藤さん。室蘭は相変わらず天気が悪い。この後に伊達方面に走ると雨は降ってない。伊達は住みやすい町だと改めて理解出来た。話はセカンドに戻るが満身創痍のセカンドくん。オイル漏れやラジエターからの水漏れ。そしてエアサス不調。斎藤さんは260km走ったらしい。試しにボディワックスを試みたが油分が全て吸い込まれたと。笑えない話である。ピカピカのセカンドには興味が無いがカサカサのボディでは可哀想だし。ボディ磨き機だと効果が有ると提案が。滞在中に試みてみるかと思案中。セカンドくんは北海道の水が合うのか、オイル漏れ・水漏れ・エアサスの症状は無し。特に最近の暑さで水温が気になっていたが全く問題無しだった。走行距離が190,000km突入のセカンドくん。暫くセカンドの日々をお伝え致します。

クラシックと別れてセカンドと再会へ。

久しぶりにクラシックレンジローバーでの運転を楽しみましたが暫くお別れです。今日から涼しい(北海道も暑いらしい)北海道での生活です。ここ数日は東京は暑い。暑いのも寒いのも苦手な私。快適な北海道だと勝手に想像してますが。さて約一ヶ月間エンジン始動が出来無いと旧車には問題です。特に旧車はバッテリーが弱くなる。過去バッテリーでは色々とありました。



こんな時はバッテリーの休憩です。コードを外そうと工具を探すとベストサイズが見当たら無い。物置に有るのだな。



中古品なので一ヶ月後は生きているか解りません。



元気でなと語りかけコードを外します。これで一ヶ月後の始動を祈ります。北海道では130斎藤さんがセカンドで飛行場に出迎えと連絡が。130が車検らしくセカンドを貸してます。地元同士の貸し借りは当たり前。セカンドも北海道に溶け込んでいるようです。でもラジエター水漏れは大丈夫か心配。伊達も外気温度が高いと聞いてますから。さて耳のエアー抜きを利用して乗りたく無い飛行機に乗りますか。

ステッカーが定位置に。

マイカーは自分色に染めたいと誰もが思うもの。ステッカー職人の小池氏を訪ね平塚を目指す。念のために高速利用と一般道利用の到着を比べるとほぼ同時刻。迷わず一般道で目的地を目指す。普段からクーラーを使わ無い生活をしているので、試しにクラシックのクーラーを動かして運転。慣れ無いせいかお腹が冷えてコンビニのトイレに駆け込む。情けない体なのである。



プロの技は見事なのだ。自宅兼事務所の小池宅にはクルマ位の大きさのステッカー製造機があった。本物のプロだったのですね小池さん。



サイドはこんな感じ。セカンドと同じです。ただ蛍光タイプなので暗くなっても文字が読めます。安全対策としてはお勧めです。



デカ文字を貼ります。これも蛍光タイプ。追突防止にもなります。仕事が丁寧だ。ステッカー貼りが専門職では無いので間違えないように。



カッコイイな。ボディ色が渋いので。絆の証を探さ無いと。あれが無いとマイカーとは言えません。ついつい長話で帰りは一般道も混んでました。高速は大渋滞。帰りも高速利用と一般道利用の到着時間を比べるとほぼ同じ。頭が混乱します。明日は乗りたく無い飛行機で北海道へ。耳が完治してないので耳鼻科へ行くか。暫くクラシックレンジローバーとお別れです。バッテリーが心配なのでコードを外すかな。今日も暑い一日になりそうですね。そうそうこのステッカーは非売品。原価が高すぎて商品にはなりません。どうしても欲しい方はメールください。小池さんと相談しますので。

適正価格で買いなさい。

ディフェンダーTDCi中古車相場が適正価格では無いと私は考える。売りたい人が居て買いたい人が一人居れば成立する。売買なんてそんな話である。買いたい人がちょっと冷静な判断をすると相場は凍結する。まっ高いと判断した時は買わない事だ。ディフェンダーTDCi中古車は逃げ無い。これから勢いで買った人が手放しマーケットに台数は増える。でも新車は話が違う。売りたい人が有利な立場。メーカーの生産が終了したのだから売りたい金額で売ればいいのだから。先日の中部取材で私が考える適正価格のTDCi中古車と出会った。価格は直接旭モータースに聞いて欲しい。私は適正価格だと思った。



90ピックアップである。距離も少なく程度がいい。興味の有る人には欲しいクルマだが、このクルマの良さを理解出来る人は少ない。



樹脂加工しているので荷台は錆び無いし洗車も簡単なのだ。二人しか乗車でき無いしなんて考える人には無理なクルマ。このディフェンダーはスポーツカー。正しくは一人運転。助手席にトートバッグを置きかっ飛んでください。110に一人運転を見掛けます。金額優先で乗車人数の多いディフェンダーを買ってしまうのです。90も110も130も販売価格に大きな差がないのがディフェンダー。でも街乗りは90が実は便利なのです。ディフェンダーは曲がら無いクルマ。都会向きは90で田舎向きは130。そんな都会向きな90ピックアップ中古車の登場です。このクルマは買いです。