関東4×4トライアル選手会CUP第3戦観戦記。

昨日は関東4×4トライアル選手会CUP第3戦の応援に行って来た。朝5時30分に小林号に拾ってもらい中央高速で山梨県石和を目指す。渋滞も無く石和の待ち合わせ場所に到着。会場には辿り着くのは困難と言われ、どんな場所かと思ったが住所で辿り着くのは困難と理解出来た。お寺の敷地内に会場が有る。それも山奥なのだ。



エントリーは90V8の渡部くん。応援は群馬の稲葉くんと小林くん。今朝は傾斜地を歩き回って筋肉痛の私。とても長文を書く気分では無い。運動不足なのか歳なのかは判らないが疲れてボロボロなのだ。



詳細は明日のブログで書く。今日は身体を休めさせて頂く。原因は帰りの大渋滞4時間以上の表示か。なんで日曜日東京の上り夕方は大渋滞になるのか。頼むから事故を起こさず安全運転走行をお願いしたい。疲れた。助手席だったのに。

タイヤのチェックを忘れずに。

久しぶりに小林くんを訪ねた。クルマが無いので電車移動。最寄駅まで迎えにきてもらう。小林くんは時間が空くとオフロード走行に励んでいる。腕を磨くのも理由だろうがオフロードが好きなのだ。



床屋を終えた小林くんはサッパリ感満載。その後は小林家玄関前でランドローバー談義。ディフェンダー中古車相場の異常さに驚く我々。小林くんは300Tdiを新車で購入している。しかし現在の新車価格は当時の倍なのだ。まっ我々にはどうにも出来ない価格相場。ネタにどうぞとタイヤを観せてくれた。



なんとタイヤブロックが取れたのだ。高速走行時に相当驚いたと小林くん。急遽サービスエリアに入り確認したそうだ。劣化ですね。ブロックが大きいので抵抗も大きい。バーストしなくてラッキーでした。皆さんタイヤの交換は早めに行いましょう。あ〜運転したいな〜。

あ〜運転がしたい。

20代からクルマ漬けの日々を過ごし還暦を迎えた私だが、最近は意図的に運転をする機会を減らしてきた。根がクルマ好きの人間にはクルマから離れる時間も必要と考えた。しかしこの5年間は意味有る時間だった。気持ちが沸騰してきたのだ。冷静にクルマを観ることが出来る。何が不必要で何が必要なのか。自分が運転したいと思う素直な気持ちが蘇ってきた。何処に行くにもクルマの生活を30年以上続けた。そんなライフスタイルを意図的に抑え公共交通機関や徒歩に変えた5年間。人は充電期間や我慢の期間が必要なのだ。免許返納が何歳かは決めていない。しかし少なくても残り20年は運転したい。折り返し地点に来たと考える。さて大人のクルマ趣味の再スタートだ。あ〜運転がしたい。



車庫証明の用紙を警察に取りに行って来た。自動車検査登録事務所に用紙をもらいに行って来た。それも意図的に歩いて。10km以上は歩いたな。歩く喜びは理解できるようになった。これからは運転する喜びと歩く楽しみの、バランスがとれたライフスタイルが実現出来そうだ。そうなるとクルマで出掛けて空気が美味しい場所でハイキングだな。気圧の変化は耳にダメージが有るので要検討。やっと当たり前の生活を理解し始めたのか。60歳になって。でも気が付いたのだから良しとするか。

大井町の小さな眼鏡屋さん。

大井町駅下車で品川区役所方面に歩き吉野家の近くに小さな看板が見える。その看板がコレだ。



小さな看板の小さな眼鏡屋さん。眼鏡の修理や新規購入に利用している。特に丸フレームは品揃えが豊富。私は丸フレームは使わないが丸フレーム好きが集まる眼鏡屋さんなのだ。



眼鏡は小学生から愛用しているので体の一部。眼鏡無しでは生活出来ない。50歳代からは老眼になり遠近も使ったが、今は跳ね上げ式にハマっている。しかし現代の跳ね上げ式眼鏡のデザインは好きでは無い。昔ながら爺の眼鏡が好き。デットストック情報を持っている眼鏡屋さんなので連絡が入ると立ち寄る。



拘りを持たなくなると人生つまらない。丸眼鏡に興味のある方は立ち寄って欲しい、安売り店では無いがフレームとレンズでそれなりに値引きをしてくれる。オーナーの計算方法なので一律の値引きでは無い。眼鏡は身体の一部。人と違う眼鏡にこそ意味が有ると私は考えるのだ。私のイメージする跳ね上げ式眼鏡を探す旅は終わらない。

嫌いだけど使う飛行機。

隔月での東京と北海道の行き来で、年間12回飛行機に搭乗する。今までは外の景色には興味無かったが最近は写真を撮るようにしている。まるで子供状態なのだ。しかし景色が右側と左側でまるで違う。雲が有ると無しでも変わってくる。搭乗する時間帯でも季節でも違うのだ。別に飛行機オタクでは無いが景色を楽しむと決めた。まっ耳が気になるので落ち着かないのが本音なのだが。



千歳を飛び立つと生まれ故郷である苫小牧上空から太平洋に進む。



この日は雲が多くて機体も揺れる。



房総半島から羽田に向け機体が下がる。横断道のパーキングが見えると無事に着陸をと毎回祈る。北海道への行き来はADOしか使わない。道産子としての意地なのだ。正直飛行機は好きではない。未だになぜ飛ぶのか理解してない私。青森と函館が道路で繋がれば間違いなくクルマで移動する。フェリーは正直面倒なのだ。新幹線は着いてから伊達までが遠い。道内もニセコ経由と決まったようだし。死ぬまでに一度は新幹線を利用するか。でも飛行機って好きになれないな。