私がYou Tubeですから。時代は変わった。

You Tubeでプロフェッショナル仕事の流儀を発見。ほぼ鑑賞してしまった。その中でも特に興味を持ったのが漫画家の井上雄彦氏。正直漫画は余り読まないので知らなかった。漫画界では知らない人は居ないのだろう。しかし彼の生き方や仕事に取り組む姿勢が気になった。これは代表作を読まねば。という事で室蘭の古本屋を探す。バカボンドを大人買いしたい。有るのです必要な物は。



まだ完結していない。37冊セット。何巻まで続くのかは解らない。井上雄彦氏が見えてきた。東京に戻る前には読み切れるかな。さて今日はキャンプ日和で集まる清里丘の公園オートキャンプ場に申し込みます。明日以降に木村の友達で申し込んでください。22日土曜日は伝説の親子丼と清泉寮のソフトクリームを食べましょう。ブログで詳細はお伝えします。参加表明はメールでお願いします。

映画を観ない人生は考えられない。

相変わらずレンタルDVDでの映画鑑賞の日々。既に20本。好きな衛生放送NHKが伊達では観れない。知り合いはも少ないので読書か映画鑑賞が多くなる。新作から準新作を中心に借りる。しかしなんでこんなに沢山の新作映画が有るのか。洋画も邦画がも観まくりだ。映画ビジネスが世界中で盛んだという事が理解できる。20本観ても映画っていいなと言える作品は多くは無い。まっ価値観と好みが有るのでご理解を願いたい。もう一度観たいと思った映画はコレだ。



ゴジラかという程度で借りた。しかし日本映画も頑張っていると改めて感じた。お金を掛ければもっとクオリティは上がる。しかし限られた予算で作った映画としては十分に評価出来る。映画は娯楽で有る。脚本に入り込んだ作品で有った。観る価値が有る映画ですよ。

日々洞爺湖の魅力を求めて。

私の憩いの場となっている洞爺湖。天気が良いと洞爺湖に居る。室蘭在住の斎藤さんも洞爺湖大好き人間。斎藤さんの休みは不定期。休みの前日には連絡が。気が合う二人は将来密かに洞爺湖に住みたい。天気の良い日はボートで洞爺湖に。そして湖に有る中島を探検したい。



斎藤さんは釣りをする。



私はボーとしている。5月の連休から道民は動き始める。8月までは洞爺湖に人が集まる。人が集まる洞爺湖には興味が無い。人が集まら無い場所探しだな。東京に戻れば人だらけ。北海道では人とは関わりたくないのだ。まだ身体は痒い。

旧洞爺湖村は香川県からの移住だった。

洞爺湖コハムの上には日帰り温泉が有る。この景色が絶景なのだ。コハムは親戚でも友達でも無い。しかし居心地が良い。禁煙なのに何故か居心地が良い。まっ相性なのだろう。蕁麻疹をじろじろ見られた日帰り温泉だが絶景が見れるので紹介する。しかし温泉としては登別さぎり湯には遠く及ば無い。



景色の右側から説明。右側は傾斜地。別荘が点在している。住むならココがベストか。洞爺湖が見えるからだ。



日帰り温泉から見える正面。中央左側向こうにザ・ラーメンが有る。でも怖いもの見たさにまたカレーを食べたいと思っている。



正面下に見える屋根が茶系で壁がグリーン系がコハム。左側を走ると昔の洞爺湖村中心地。岡田くん曰く昔は商店街が有ったとか。聞くと子供の頃に洞爺湖村に住んでいたとか。そして洞爺湖村の多くはなんと四国の香川県からの移住だとか。そんな関係で洞爺湖村のうどんは讃岐うどん。美味いらしい。東京に戻る前に食べに行こうかな。

スキーシーズンオフでも賑わいが。

さて、比羅夫のメインに入ります。世間が認識しているスキー場は外資が経営。スキー場内のレストランは英語表記。ラーメンは2500円。そんな状況が好きな日本人も居るようですが意味が解りません。比羅夫駅からクルマで数分。景色が激変しました。建物が日本的では有りません。看板も全て英語となります。



突然街並みが変わるのです。ギャップという言葉が浮かびます。平日だしスキーシーズンも終わったのでご理解を。



メイン通りの裏側は高級賃貸が立ち並びます。メイン通りに有るセイコーマート。冬場は多分北海道でナンバーワンの売り上げと読んだ。



住宅地内の看板です。表記は全て英語です。歩いている人もほぼ外国人。お店の前で掃除をしている人も外国人。洗車をしている人も外国人。日本に居ながら外国人と接したい方は比羅夫にどうぞ。約900人が比羅夫で働く外国人。英語しか通じ無いお店も数多く有ります。比羅夫の時給は東京と変わら無いとか。そんな状況なので倶知安の働き手が減少し混乱が起きています。因みに洞爺湖も外資の風が吹き始めています。比羅夫から洞爺湖までクルマで40分。ちょっと心配な私であります。以上現場からの報告でした。