4月30日日本を走ろう北海道編。

誰かが私のことを雨男と言ってたな。北海道の天気は快晴です。やはり私は道産子。北の大地に骨を埋めるか。相性がすこぶる良いのでしょうか。さて洞爺湖を出発し目指すは羅臼。無謀だバカだと言われたが私は私を信じ羅臼20時到着を念じる。同乗者は北の大地の雄大さにテンションマックス。大人が子供にどんどん戻っていく。人が喜ぶ姿は楽しい。リアリティを求め敢えて過酷なスケジュールを組んだ。辛いほど思い出は大きくなるのです。


羅臼漁港は閑散としてます。ゴールデンウイークは漁師さんもお休みだそうです。いまや漁師さんも漁協のサラリーマン。時代は変化しているのです。そんな関係で羅臼の居酒屋には鮮魚が無い。魚を食べに羅臼に来たのにと叫んでも虚しくなるだけだったのでした。


ビジネスホテル漁火。ガテン系の方々が長期滞在先として使われる宿泊先。ガソリンスタンドのお兄さんが意味深な笑み。選んだのは勿論ガテン系橋口くん。布団が水分を含んで重かったな。類は友を呼ぶですね。


ガテン系営業マンはお客様のフロントガラスに付着した虫を取ります。世の中の営業マンよトップセールスマンの姿を目に焼き付けなさい。


羅臼の集合場所は道の駅。硫黄の匂いが漂いなんとも温泉気分。そして朝から外気温16度。なんともマッタリした気分になってしまいます。


お約束の時間には帯広から駆け付けてくれた井上さん。一般道命の三好夫婦は釧路から走りセーフ。なんだかんだで絵になりました。店のオヤジは何度も写真を撮り絵になるなと話し掛けるし。通り過ぎる地元人はおはようございますとご挨拶。正しい日本人の姿が羅臼にあります。ネタがどんどん増えてますので後日紹介致します。

4月29日日本を走ろう北海道編。

友の奥様の早過ぎる死を知り思考能力が停止したまま。自分の身に置き換えてしまうと言葉が無い。この歳になると自分より若い方の死は本当に辛い。友の思いを考えると何も言えない。合掌

さて室蘭の日笠さんのご好意で宿泊させて頂き、日本を走ろう北海道編最初の集合写真を早朝から撮影。


これも何かの縁なのか住職は正装であったな。愛車セカンドレンジローバーと130。お世話になりました。これから洞爺湖コハムに向かうが、途中伊達を通過するので我が家に立ち寄りお袋を先生に紹介。


伊達は暖かく桜が芽吹き始めている。旅が終わり伊達に戻る頃には満開か。ドラッグストアー開店と同時に二人にお風呂セット購入を強制。お風呂セットは必需品である。


壮瞥の北の湖記念館を見学。良かった。大横綱北の湖を改めて感じた次第だ。


若かりし頃の等身大写真があったので並んで撮影。


そしてなんと東京の三好夫婦が二日掛けて下道で登場。いつもサプライズの三好夫婦には頭が下がる。因みに彼はポリシーで高速は使わないのだ。その後大好きな温泉に入り身を清めます。


11時からコハムは超満員。次から次とお客が訪れる。これが本来のコハムなのかと驚く私。読者にはランチと美味しい珈琲を。満足したみたいです皆さん。


橋口くんのテスター診断も二台終わらせます。


そしてお決まりの集合写真。洞爺湖コハムに大勢集まりました。リアルを大切に生きてきた私。皆さん頭で考えてはダメ。現場に行き体感しましょう。ご自身の目で確認です。そして何かを感じましょう。いざ羅臼を目指します。出発12時5分。さて何時に到着か。お集まりの皆さんありがとうございました。羅臼と稚内は私が行きたかっただけ。まっ誰も来ませんゴールデンウィークですからね。現在、羅臼の温度を感じるために窓全開で宿の部屋でブログを書いてます。海鳥とカラスが鳴いてます。とにかく部屋は寒い。でも羅臼を全身で感じております。来て良かったな。

新日本を走ろう北海道編始まりますよ。

日本を走ろう北海道編がついに復活します。道産子達に洞爺湖から羅臼までは無謀と言われ、羅臼から稚内までも無謀と言われ、稚内から苫小牧までも無謀と言われ。要は北海道を走るスケジュールは全て無謀のようです。そんな声を聞きますが決めたからには強行突破しかありません。今回旅のお供のクルマは130。一宮に佇む勇姿を収めたのでご覧あれ。


テンションマックスなのが室蘭の130斎藤さん。しかし彼の仕事はサービス業。ゴールデンウィークは稼ぎどき。会社が休ませてくれません。辛うじて5月1日仕事終わりからキャンプ場に駆け付ける状況なのです。一宮からの130は業者が運び伊達に到着。私は大好きな130を運転しルンルン気分。130オーナーと橋口くんを迎えに千歳空港にお迎えです。130でクラシック用冬タイヤを一宮から購入し運びましたラッキー。ネタが無くなったら紹介します。


今回の旅のお供は130オーナー丹羽先生。普段は先生と呼んでいるので。眼科の先生です。そしてランドローバー専用テスターを飛行機で運んで来た橋口くん。28日は室蘭セカンドオーナー日笠さんのお寺に宿泊。いまお寺でブログ書いてます。これからドラックストアで彼らのお風呂セットを購入し、北の湖記念館隣の日帰り温泉へ。そして11時にはスタート地点コハムに到着。新日本を走ろう北海道編が始まります。そうそうコハムにはゲストが。そして羅臼にもゲストが。盛り上がってきたぞ。

 

真狩村に興味津々。

雪秩父まで来たら立ち寄るのが真狩村のlife。散髪を予約した。人生初の床屋では無く美容室。馴染みの床屋を予約していたが吹き出物が完治せずキャンセル。そうだlifeで散髪だと考えたのだ。雪秩父からlifeまではクルマで30分。私の行動範囲が点と点で繋がって行く。散髪前にカフェで昼食。


カレーを食す。美味い。感動的に美味い。チーズをトッピングする。完全に私好みなのだ。涙が溢れそう。真狩村に美味しいカレーがありました。


外を眺めると雪が溶け始めていた。川が流れ散策路が見えた。こんな場所だったのですね。素敵な場所なんだ。今度歩こうかな。


隣の部屋に移動して散髪です。旦那の腕は完璧でした。私は飛び込みで数多くの床屋に行くのが若い頃の趣味。失敗も数多く経験。短髪は難しい。床屋とは違う美容室の切り方。ラインが優しい。切り終えこんなに満足したのは久しぶり。真狩村に私好みの髪切り屋さんがありました。恐るべし真狩村なのでした。

 

なんとなく馴染んできました。

最近は北海道での行動範囲が広がっている。一人で行動することが増えている。それだけ伊達の生活が馴染んできたのか。洞爺湖コハムの夏営業も変わり木曜日から日曜日に。立ち寄ることも増え地元の人と話す機会も。私の生活形態を知ると興味を持つ人が。以外と東京から戻り北海道に住んでいる方が多いのだ。体が求めている雪秩父を目指す。片道80kmを走り風呂に入る。私にはそれだけ魅力的な温泉なのだ。


真狩村のメイン通りから羊蹄山が観える。迫力有る絵である。


ニセコの山を上がって行くとまだ雪が残っている。


憧れの雪秩父に到着だ。伊達から1時間30分。近くは無いな。


前回はよく見えなかった源泉が。前回より雪が溶けているのだ。


しかし駐車場の周りはこの雪。愛車も元気になり荷物も降ろし北海道での生活がスタート。


雪秩父が好き過ぎて回数券を買ってしまった。お得なので。伊達から雪秩父までの信号を減らすのが目標なのだ。北海道の田舎道は信号が無い。雪秩父までの近道を発見するのが当面の目標だな。