author.php

ドレスアップで楽しもう。

直しながら乗り続ける私の考え方そのものズバリ。クルマって長く乗っていると、ちょっと間がさすことだってある。それで買い替えてしまうのか、乗り続けるのかってタイミングは必ずやってくる。クルマって化粧直しすると気分が一新する。運転していてガラスに写るマイカー姿を見る。やっぱりカッコイイと悦に入る。それって自然なことだと思う。クルマってまずはスタイルですから。このレンジローバーにはオーナーの主張があります。本物でなければダメと言ってしまうのは大人げない。運転にストレス無く乗れ外装はちょっと昔風。ランドローバーもやっとドレスアップがスタートしたのか。クラシックミニでは当たり前。30年前からドレスアップ車があった。クーバーSタイプ。850タイプ。グリルを変えたりタイヤのインチサイズを変えたり。メーター回りを変えるのは当然。キーの位置まで変えてしまう。それらは当然コピーするモデルがあるわけ。ランドローバーで今でもドレスアップ対象車となるのは、キャメルトロフィーモデルであろうか。もっとこのような遊びがあっていいのでは。そんなことを考えてしまうクラシックレンジローバーのドレスアップ車でした。

オフロードミーティング開催。

ツインランド&ミッドランドによる合同イベントが早川で行われた。オフロード走行のレクチャーも行われ、初心者の方も楽しまれた。このようなイベントが継続され、オフロードの楽しさが理解されることは、重要なことと私は信じている。ランドローバーにはオフロードを走る機能が備わっている。その扉は自分で開けない限り出会うことはないのだから。

けっして壊すために走っているのではない。ご自身のランドローバーがどんな走りができるのか、ノーマルランドローバーの走破性を確認でき、参加者の方々は満足できたはずだ。次回またお会いしましょう。

田中さんお土産ありがとうございました。5月12日土曜日はオーナー紹介の取材日です。早川町キャンプ場にお集りください。取材台数は10台。事前にメールかFAXでお申し込みください。応募が多い場合は抽選になります。取材対象者で無くてもキャンプは自由ですので、各自キャンプ場にご予約ください。12日13日と私は居ますので、語り食べ飲みましょう。

ただいま、おかえり。

早川町に1年6ヶ月ぶりに行ってきた。懐かしいやら久しぶりやら、このキャンプ場には思い出が一杯詰まっている。今年で12年目らしい。今まではランドローバーEXとして、ランドローバー仲間から親しまれていた。しかし今年の5月末日でランドローバーEXの名前は消える。そして新たな名称は、早川町オートキャンプ場となる。名称は変わるがスタッフや営業内容は何も変わらないのでご安心を。

昨日は雨であったが今日は快晴。朝のマッタリ感がたまらない。顔見知りの読者がいつものように接してくれる。キャンプ場のスタッフと固い握手。1年6ヶ月前も皆と握手をしてキャンプ場を後にした。そしてやっと戻ってこれた安堵感と充足感。改めてランド仲間の優しさに心のなかで「ただいま」と言ってしまった。

ソフトクリームの季節がやってきた。

高速道路を走っていると食べたくなるソフトクリーム。全国を走ってきたが味も色々。いままでで馴染めなかった味がミルキー系。私はストレートに牛乳系が大好きだ。何事も真剣に取り組むことが必要。ソフトクリームを食することにも真剣だ。この季節なのにユルすぎて解けやすいと憮然となる。固すぎても食べにくいし、消費者の要求はわがままなのだ。いや私がわがままなのか。なぜ食べたくなるか分析すると、長時間運転していると疲れてくる。多分体が甘いものを要求するのだ。やっとソフトクリームを食べたい季節がやってきたことは歓迎だ。今日は小田原経由で午後から早川へ。御殿場に寄って美味しいハムを買っていこう。早川には何時に着くことやら。明日はツインランド&ミッドランド合同イベント。当日参加も歓迎とのこと。明日は天気もよいとか。ドライブがてら早川を目指してはいかがか。自然のなかで美味しいお茶を飲むと体がリラックスしますよ。私をみつけたら一声ステッカーが欲しいと。まっ早起きして目指しましょうよ早川を。今日入りも歓迎しますよハムで。

今日からゆうメールです。

送ったのか、まだ着かない。色々時間がかかってしまったメール便ですが、今日からやっとゆうメールで送れます。小田原郵便局が納得の料金を提示してくれました。ゆうメールだと本州内は、発送日の翌日到着。北海道、九州、四国、沖縄はプラスちょっとかかります。今までのメール便は1週間たっても到着しない方も。私も二度三度送った方もいます。送った私も到着も待つ貴方もヤキモキいたします。速達メール便で送った方も大勢だったりすると、送料で赤字になります。なんだかんだ言っても郵便局。信頼しての契約となりました。これからお申し込みの方、年間購読の方、LRL3号は早く着きますのでご安心ください。