author.php

構造変更って理解してますか。

セカンドレンジローバーである。実はこのクルマ、エアサスからコイルに変更されていた。セカンドレンジローバーは全てエアサスで新車販売されているのだ。オーナーは購入時、車検証に構造変更の箇所があるか確認せずに購入してしまった。いやサスペンションがどうなっているか気にしていたのか。というか本来販売店としては、販売時にエアサスからコイルに変更しているのだから、構造変更して売却するのが常識だしモラルである。オーナーは車検が近づきミッドランドさんに入庫。勿論、車検が受かる理由がありません。一般人がエアサスからコイルに変更の場合、構造変更が必要とはなかなか理解できない。結果として友人のセカンドオーナー達の協力を得て、オリジナルのエアサスに戻し継続車検を取得した。購入したショップ名は公表しませんがこれは事実です。これからランドローバーを購入を考えている貴方、購入する貴方にも責任があります。オリジナルがどうなっていて、買いたいクルマがどうなっているのか。慎重に判断し確認が必要となります。オークション等で現車を確認せず購入する昨今。買う側にも責任があります。後で嫌な思いをしてランドローバーを手放す、そんな不幸があってはいけません。信頼できるショップはありますからご安心ください。ちょっと気になった出来事だったのでお伝えしました。

今日はMID LANDに来てます。

事故渋滞にハマリ銀座から高速に乗り一路MID LANDへ。久しぶりであります。LRL3号も出ましたので、これからはランドローバーショップ訪問を積極的にスタートいたします。

昨日は大渋滞のなか早川から帰ってきたとか。代表の野崎氏はお疲れモード。私はお気楽にブログを書いております。工場にはセカンドレンジが2台。生粋のメカニック野崎氏のお店には販売車がありません。さあ今日はどんなランドローバーが診療に来るか楽しみです。今日は夕方まで居ますので遊びに来てください。

セカンドレンジローバー、ウィンドレギュレータ交換。

ウィンドガラスを閉める際、最後の段階でガタガタガタと音がしませんか。最後数センチごとに止めてゆっくり閉めると音は小さくなります。面倒だ直したいという方に、交換の作業を全てをご覧いただきます。以外と手間がかかる交換作業であります。特に運転席側は開閉が多いので壊れやすい。早いケースだと5万キロ前後。このクルマは10万キロ手前でした。

内張りを外します。以外と地味で手間のかかる作業が続きます。カッターで根気良く剥がしていきます。このクルマは剥がした形跡が無いことが解ります。

丁寧に剥がしていきます。中はこんな感じです。ガラスが納まり上下されます。

ガラスを閉めた状態まで上げます。ガムテープで落ちないように固定します。

レギュレータを外します。歯が欠けています。これが原因です。この欠けのために交換となります。悲しいですね。

取り付け作業が終了いたしました。ガタガタガタからこれで解放です。正しい開け閉めとは何か、例えばフルブレーキで止まるかポンピングブレーキで止まるか。その位の差と考えてください。できるだけスイッチONで全て閉めるのでは無く、残り数センチで止め数回チョンチョンで閉めてください。言ってる意味解りますか。面倒な人はスイッチONでドカンと閉めてください。まっ判断は貴方次第細かな説明でした。

LRL3号納品です。

LRL3号無事納品されました。今日発送分は送り出しました。明日明後日には到着すると思いますのでお待ちください。マズマズの出来と自画自賛であります。

サービス写真であります。こんな感じで仕事しております。相変わらず乱雑な机です。明日も発送いたしますので、お申し込みがまだの方ヨロシクお願いいたします。

タイヤをケチると身を削る。

皆さん愛車のタイヤチェックしてますか。タイヤは地面と接する場所です。そのタイヤが滑ったりパンクしたら大事故に繋がります。なので要チェックが必要になります。

このタイヤはセカンドレンジのフロントタイヤ。こんなにゴムが減っています。轍にタイヤが取られたり、横滑りが起きてしまいます。リアタイヤを確認したらココまでゴムが減ってはいません。しかしこの場合は早急にタイヤ4本を交換しなくてダメです。間違ってもフロントとリアのタイヤを交換とか考えてはダメです。またフロントの1本だけ新品に交換もNGです。1本だけ新品だと摩擦抵抗が変わり、まともに運転できません。タイヤってそれだけナイーブで、貴方の命を預けている大切なパーツなのです。早めに交換勧めます。