author.php

たまには親子でドライブです。いや初めてか。

娘が休みを利用して北海道に来た。リクエストは大自然を観たい。運悪くカーナビ故障でメーカー修理。さあ困ったお父さん。位置関係は全く解らない。真狩村と雪秩父には行ける。洞爺湖コハムも行ける。苫小牧のスケートリンクも大丈夫。それと壮瞥の温泉も行ける。それ以外はカーナビが無いと不安なのだ。千歳空港まで支笏湖経由で行くのにPCで何度も確認。娘は結婚せずまだ独身。学生時代は親友とテント&寝袋を持ち、休みになるとEU各国やアフリカをキャンプ生活。地元のオジさんに女の子二人には危険なのでココで寝るなとアドバイス数知れず。私などは足元にも及ばない自然児なのだ。札幌に行くかと聞くと興味なし。親に似ず正しく育ってくれたのだ。


きのこ王国の前にあるジェラード屋さんに立ち寄ります。ココは美味い。いつも通り2個のせ。18種類ある組み合わせで同じ組み合わせの親子。ちょっと恥ずかしい。オバちゃんが笑ってます。


大自然と言えばオロフレ峠展望台。まだゲートが閉まってます。ならば歩きます。これが長かった。


こんな場所だらけ。これではまだ無理ですね。雪解けはいつなのか。ゲートから約6km歩きます。いい運動だ。


ココが展望台らしい。トレッキングスタイルの人と数人すれ違いご挨拶。彼らは完全武装。親子は軽装。これが危ないのです。自然は怖い。しかし眺めは最高です。



北海道に日本人全員が住めるのでは本気で考えてしまいます。それほど手付かずの場所が多過ぎる。


反対側を眺めると羊蹄山が観えますね。すっかり羊蹄山好きになってしまった私なのです。明日は地球岬を紹介します。これも絶景でした。そして今日は有珠山と昭和新山巡り。勿論コハムにも立ち寄ります。夜は楽しいアイスホッケー。娘が来ても関係無い。マイペースな私です。娘に話すと気にしない。終わるまで時間潰し。親の性格を理解しており助かります。

もうすでに気持ちは冬用タイヤ?

まだ5月だというのに冬用タイヤ&ホイルの話題です。クラシック用にとサンカーズから購入。ちょっと珍しいので紹介します。私が知らなかっただけか。しかし数多く観てきましたが私はお初。ディスカバリー用純正タイプだとか。私は合うと勝手に思っております。タイヤもまだ使えそうだし。お買い得な買い物でありました。ありがとうサンカーズ。


どこかで観たような似ているような。でも時代的に考えてこちらが先でしょうね。ディスカバリー1用ですから。でないとクラシックには装着出来ません。雪秩父に通う身としては10月に入ると冬用タイヤが安全です。となると残り4ヶ月。北海道の夏はあっという間に終わりますから。短い期間の夏用タイヤなんです。だから一年中冬用タイヤを履いている人の気持ちが理解出来ます。彼らは高速も走りませんし。数多くある峠でまだ閉鎖中がまだありますよ。山の雪が完全に消える頃には秋風が吹くのかな。そんな繰り返しの北海道なのです。ランドローバーには肉厚タイヤが似合います。

一生着続けたい服とは。

着続けて30年以上。当時1万円位で買った記憶が。しかし年月と共に汚れや破損が目立つ。それでも寒くなると部屋着として使っている。伊達に通い始めてから年に一度クリーニングに出す。お気に入りのクリーニング店を見付けたのだ。お袋の記憶が正しければ50年近く営業をしている。自社の工場で丁寧な仕事をしてくれる。私が大切にしている服は定期的にお願いする。一生着続けたい。そう思う服は多少ある。修復をしてでも着る。なんでこんなに好きなのか。愛着が深すぎる。金額の問題では無い。着れなくなると発狂するかも。毎回のクリーニング&リペア代で購入価格は既に超えている。


寒い季節も終わりクリーニングで汚れが落ちた。


両袖の毛糸がほつれ修復を依頼。見事に意図通りに完治。使った毛糸の色もいい。色違いがポイントになる。早く寒くなれと願う私は完全に変人である。田舎とか都会とか関係無く、真面目に仕事に取り組むお店は探せば見付かります。先日の靴の修理も感動しましたからね。もしかしたら腕の優れた整備工場も有るのかな。でもネットで検索する以外に術がない。使命いや仕事として探すとするか。貴方には着続けたい服がありますか。

039号発送します。

納品日はブログを朝書けないので調子が狂います。昼前に納品完了致しました。これから発送準備に入ります。日本を走ろう北海道編をまた思い出してしまいました。それだけ楽しい数日でした。改めてリアリティ追求が生きる術だなと考えさせられました。


他の絵を表紙に決めていたのに、この角度で眺めていたら夕方だというのに表紙だと変更。このテントの配置が偶然ですが素敵です。


この笑顔が観たくて真狩村に通ってます。ランドローバーを通しての出会いに感謝。ランドローバー繋がりで同じ価値観を持つ者同士が出会う。素敵だと思いませんか。結局人間は年齢に関係無く価値観が合えば友達になれます。子供の頃の価値観と大人になってからの価値観は多少変わります。貴方も真狩村に行ってください。でも遠いか。室蘭の斎藤さんが今日は夫婦で休み。雪秩父と真狩村lifeに行くと連絡が。いいな〜。

大きな羊蹄山が観たくて真狩村へ。

突然チャイムが鳴る。郵便局員が名刺を差し出す。勝手に敷地に入ってクルマを観ては失礼かと思いと語り出す。クルマ好きのようだ。クラシックが素敵なデザインだと熱い語り。最後に私が乗りたいクルマに乗らないと一生後悔しますよと伝えた。人それぞれに運命との出会いとなるクルマが有る。彼が一歩踏み出すかは解らない。でも後悔する人生だけは過ごして欲しくないな。予約をしていた散髪に真狩村のlifeに行ってきた。lifeに行くときは雪秩父にも行く。原稿書きをしていたので久振り感がある。羊蹄山が大きく観え始める気持ちが高揚する。伊達から真狩村に行くコースを走り始めるとなぜか嬉しい。道順は完全に頭に入る。行くと言うより帰る感じなのだ。でも一生住むことは無い。たまに行くから好きなんだと認識している。


雪秩父に行くと必ず同じ場所にクルマを置く。まだ雪はあるがどんどん溶けている。景観が変わる。ここに道があったんだとか。完全に雪が無くなるのはいつなのか。雪秩父に来る人は露天風呂が目的。しかし私は露天風呂には行かない。人が居ない内風呂に浸かるのが好きなのだ。温泉の成分が体に染み込む時間を楽しむのだ。


そして真狩村から観える羊蹄山を眺める。この日も山頂に雲は無い。肉眼で観ると羊蹄山はもっと大きい。真狩村から観る羊蹄山は本当に大きく雄大なのだ。夏場は羊蹄山に登る登山者で大賑わい。しかし私は登山には興味が無い。真狩村から観る羊蹄山に拘りたい。真狩村に通い続けます。